ここからページコンテンツが開始します

大学院案内

トップページ » 大学院案内 » 知能機械システム学域

知能機械システム学域

知能機械システム学域 ホームページ外部リンク

学域イメージ
ロボット機構設計、人と安全に共存する
ロボットシステム、水上ビークル、魚型水中
ロボット、球面アクチュエータなどの開発を
行っています。

メカトロニクス工学とは、「メカニクス(機械)」と「エレクトロニクス(電子)」を組み合わせた技術であり、生活と産業を支える工学として発展を続けています。しかしながら、いま私たちが直面する課題は、都市・環境問題、高齢化社会と福祉など、多様で複雑な問題であり、これらを解決するためには、人間を知り、人間を守り、人間を支援する工学とシステム統合化の技術が必要になります。

本学域では、機械工学、電気電子工学、ロボット工学などメカトロニクスの基盤をなす重要な工学を学び、最先端分野で活躍する人材を育成します。また、これらの学修を通じて、人間を中心にとらえた工学システムを構築する素養を身につけることを目指します。

カリキュラムは、「制御・ロボット工学」、「人間・システム工学」、「材料・加工・計測工学」の分野から構成されており、研究指導と並行して、プロジェクトベーストラーニングにより、関連企業・組織の協力の下、工学課題を解決する実践的な取り組みが行われます。

博士前期課程 修了生進路情報

IHI、KDDI、キヤノン、ソフトバンク、大日本印刷、中部電力、東海旅客鉄道、東芝、東芝メディカルシステムズ、東北電力、トヨタ自動車、野村総合研究所、パナソニック、東日本電信電話、東日本旅客鉄道、日立製作所、日立ハイテクノロジーズ、本田技研工業、三菱重工業 など

学位授与の方針(ディプロマポリシー)/教育課程の編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)