ここからページコンテンツが開始します

学部案内

航空宇宙システム工学コース 教員一覧

航空宇宙流体力学

淺井 雅人氏 名 淺井 雅人 (アサイ マサヒト / ASAI Masahito) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ流れの安定性・乱流遷移・乱流構造に関する研究.空力音に関する研究.航空流体力学に関する研究.空気抵抗の低減に関する研究.
研究紹介
空気抵抗の原因となる乱流境界層
空気抵抗の原因となる乱流境界層

乱流の発生過程である層流から乱流への遷移やそれを支配する流れの不安定性を主に調べています。これは、次世代輸送機の重要な空力課題である摩擦抵抗低減や騒音低減を目指す上で重要な基礎研究です。

金崎 雅博氏 名 金崎 雅博 (カナザキ マサヒロ / KANAZAKI Masahiro) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ最適設計
将来型航空機・宇宙機
ハイブリッドロケット
研究紹介
CDF

流体機械の設計において、設計問題の知識獲得を目的とし、大域的に設計空間を探索できる遺伝的アルゴリズムを用いています。現在では解空間を近似する手法を取り入れ、計算量の低減を図ることのできる設計システムを提案しています。航空機等の性能評価には、コストの低いコンピュータシミュレーションを用いてきましたが、近似手法の導入によって、風洞試験模型への適用も行っています。

田川 俊夫氏 名 田川 俊夫 (タガワ トシオ / TAGAWA Toshio) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ数値流体力学(CFD)や電磁流体力学(MHD)のモデル化と解析手法の開発、GPGPUによる複合対流および混相流計算の高速高精度化に関する研究、埋め込み境界法による移動物体をともなう流れの計算
研究紹介
MHD自然対流の温度分布
MHD自然対流の温度分布

航空宇宙工学に関わる流体現象の数値シミュレーションや流れ場と電磁場の相互作用に関する研究を行います。対象は、電磁流体、外部磁場下における気液二相流、温度場や濃度場における自然対流、回転場における流体現象など様々です。

小澤 啓伺氏 名 小澤 啓伺 (オザワ ヒロシ / OZAWA Hiroshi) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ高速飛翔体周りの空気力学に関する研究および光学計測法の開発
研究紹介

高速飛翔体周りの空気力学に関する研究および光学計測法の開発


推進システム工学

竹ヶ原 春貴氏 名 竹ヶ原 春貴 (タケガハラ ハルキ / TAKEGAHARA Haruki) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ・電気推進ロケットの性能向上に関する研究
・電気推進を中心とする次世代宇宙推進システムに関する研究
・プラズマ/イオン工学の宇宙工学への応用
・宇宙エネルギシステムに関する基礎研究
・宇宙開発プロジェクト計画,管理に関する基礎研究
研究紹介
イオンロケットビーム噴射実験
イオンロケットビーム噴射実験

電気推進ロケットを中心とするプラズマを利用した宇宙推進機および宇宙でのプラズマの工学的応用、それらが搭載される宇宙システムについて研究しています。

稲澤 歩氏 名 稲澤 歩 (イナサワ アユム / INASAWA Ayumu) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ流れの不安定性および空力音に関する研究
研究紹介
角柱後流から放射される空力音
角柱後流から
放射される空力音 

静粛性は、摩擦抵抗の低減(燃費の向上)とともに、次世代航空機に求められる主要な技術課題です。ここでは、流れから発生する空力音の発生メカニズムの解明とその制御について、風洞実験と高精度数値シミュレーションの両面から調べています。

櫻井 毅司氏 名 櫻井 毅司 (サクライ タカシ / SAKURAI Takashi) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ燃焼と推進機関に関する基礎研究
研究紹介
研究内容用図

環境に優しい高性能ハイブリッドロケットエンジンの開発およびエンジン燃焼機構の解明、分散型発電システムや自立型ロボットの電源として有望視される超小型ガスタービン用燃焼器の開発研究、民生用低NOx水素燃焼器やデトネーション燃焼器における現象の解明および燃焼方式の確立、などに取り組んでおります。

渡邊 裕樹氏 名 渡邊 裕樹 (ワタナベ ヒロキ / WATANABE Hiroki) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ電気や化学エネルギーを利用した宇宙機用推進システムの性能および信頼性向上に関する研究
最近では特に,
1.大推力電気推進機用の大電流電子源の研究
2.イオンエンジンおよびホールスラスタの寿命評価数値解析技術の研究
3.パルスプラズマスラスタをはじめとした小型衛星用の電気推進機の研究
4.化学推進機へのプラズマの適用研究
を行っています.
研究紹介
高周波プラズマ電子源作動実験
高周波プラズマ電子源作動実験

 現状、宇宙空間にはガソリンスタンドはありません。このため、宇宙機の運用では、いかに効率良く燃料を使って前に進むかが重要です。宇宙空間で効率良く進むためには、高速で燃料を後方に噴射する必要があります。この「高速で噴射」するために電気の力を用いたものが電気推進機です。代表的な電気推進機として、小惑星探査機「はやぶさ」に搭載されたイオンエンジンがあります。私は、イオンエンジンをはじめとした電気推進機の性能および信頼性向上に関する研究を行っています。

最近では特に、
1.大推力電気推進機用の大電流電子源の研究
2.イオンエンジンおよびホールスラスタの寿命評価数値解析技術の研究
3.パルスプラズマスラスタをはじめとした小型衛星用の電気推進機の研究
4.化学推進機へのプラズマの適用研究
を行っています。

航空宇宙材料・構造工学

北薗 幸一氏 名 北薗 幸一 (キタゾノ コウイチ / KITAZONO Koichi) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ航空宇宙用軽量金属材料の作製プロセス、性能向上に関する研究を行っている。特に、マトリックス中に多数の気孔を有するポーラス金属は、衝撃吸収、断熱特性に優れているため注目している。
研究紹介
材料イメージ

チタン、アルミニウム、マグネシウム等、航空宇宙分野で使用される軽金属材料の強度、延性向上に関する研究を行っています。また金属材料を発泡させることによる超軽量のポーラス金属の開発など、新材料の創製にも取り組んでいます。

渡辺 直行氏 名 渡辺 直行 (ワタナベ ナオユキ / WATANABE Naoyuki) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ織物複合材の損傷進展解析
縫合された複合材積層板の層間破壊特性
セラミック基複合材および構造の力学特性
構造と流体の連成振動
研究紹介
超高温加熱を受けた耐熱複合材パネル
超高温加熱を受けた
耐熱複合材パネル

航空機やロケット・衛星においては極限までの軽量化と高信頼性が要求されます。その要望に応えるため、複合材料に関する強度や非線形挙動、損傷進展、及び構造と流体の連成振動等の先進的な研究を、数値解析と実験的アプローチにより行っています。


航空宇宙構造制御工学

小島 広久氏 名 小島 広久 (コジマ ヒロヒサ / KOJIMA Hirohisa) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ最近問題になってきているスペースデブリや故障衛星を自律的に捕獲回収することを目的とした、フリーフライング宇宙ロボットの力学、制御、画像処理を含む知能化に向けた研究、導電性テザーのカオス周期運動解析・制御、CMG特異点曲面解析に基づいたステアリング則の研究
研究紹介
宇宙ロボットの運動
宇宙ロボットの運動

最近問題になってきているスペースデブリや故障衛星を自律的に捕獲回収することを目的とした、フリーフライング宇宙ロボットの力学、制御、画像処理を含む知能化に向けた研究を行っています。

武市 昇氏 名 武市 昇 (タケイチ ノボル / TAKEICHI Noboru) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ航空交通管理(四次元航法・最適交通管理・航空交通流の分散制御等)、将来の宇宙システム(宇宙エレベータ・小惑星の軌道変更等)
研究紹介
現在のある一日の航空機の運航の様子
現在のある一日の航空機の運航の様子

衛星測位と航空通信・監視技術の発展により航空交通システムはこれから大きな変革を迎えます。洗練された航空交通管理手法を明らかにし、さらにそれを世界の空で実現することが目標です。四次元航法・自律間隔維持・軌道最適化などの研究テーマに取り組んでいます。

吉村 康広氏 名 吉村 康広 (ヨシムラ ヤスヒロ / YOSHIMURA Yasuhiro) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ
研究紹介

劣駆動システムの制御


宇宙利用工学

牛尾 知雄氏 名 牛尾 知雄 (ウシオ トモオ / USHIO Tomoo) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ電磁波工学,レーダ工学など電磁波を用いたリモートセンシングに関する研究,雷放電に関する研究など
研究紹介
image01
フェーズドアレイレーダの
外観

衛星からのリモートセンシング技術,フェーズドアレイレーダの研究開発など電波応用工学に関する研究等を行っている。

佐原 宏典氏 名 佐原 宏典 (サハラ ヒロノリ / SAHARA Hironori) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ革新的宇宙システムの創出とその利用法開拓による未来の宇宙の創造
研究紹介
オープンモジュラー・アーキテクチャを実現するパネル展開型超小型衛星(提供:東大阪宇宙開発協同組合・東京大学)
オープンモジュラー・アーキテクチャを
実現するパネル展開型超小型衛星
(提供:東大阪宇宙開発協同組合・東京大学)

超小型衛星や宇宙展開構造物、それらのアーキテクチャやソフトウェアなど革新的なシステム/要素技術、それらを用いたミッション提案などについて研究・開発を進め、宇宙への敷居を下げ、宇宙をより身近なものとすることを目指します。

萱場(鳥阪) 綾子氏 名 萱場(鳥阪) 綾子 (カヤバ(トリサカ) アヤコ / KAYABA(TORISAKA) Ayako) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ大型宇宙構造物の構築技術
  ・複数対の電磁石を用いた宇宙構造物の姿勢制御に関する研究
  ・柔軟構造物の動特性向上に注目した構造最適設計に関する研究
  ・電波天文衛星のような大型柔軟構造物の摩擦ガタに起因する非線形振動特性の解明
 など
研究紹介
(c)東京工業大学
(c)東京工業大学

 

主に次期ソーラーセイルや太陽発電システム、デオービットセイル等の大型宇宙構造物の構築技術に関する研究を行っています。その柔軟で軽量な基本構造(例えば写真)について、動特性向上に注目した構造最適設計に関する研究、基本構造同士の結合技術に関する研究、さらには電波天文衛星のような大型柔軟構造物のガタに起因する非線形振動特性の解明など、実際の宇宙プロジェクトで問題となっている課題に取り組んでいます。