ここからページコンテンツが開始します

学部案内

トップページ » 学部案内 » 電子情報システム工学科

電子情報システム工学科

電子情報システム工学科 ホームページ外部リンク

電波音波無響室での測定風景
電波音波無響室での測定風景

近年の国勢調査によれば、わが国における技術者の種類別割合では「情報系技術者」が最も多く、次いで「電気・電子・通信系技術者」が多いとされています。しかも、このふたつを合わせると、全技術者の半数を上回る比率を占めるという結果になります。まさに、情報系と電気電子通信系は、この国の社会と産業の維持・発展に必要不可欠な技術分野であるといえるでしょう。

こうした背景を踏まえて、電子情報システム工学科では、「情報システムコース」と「電気通信システムコース」のふたつの教育課程を設置しました。情報技術分野と電気電子通信技術分野は密接に関係しており、特に、両者の境界・融合領域として通信系技術が位置づけられます。本学科では、「情報ネットワークシステム領域」、「通信システム領域」、「エネルギー情報システム領域」の3つを教育・研究体系の主要な柱と考え、情報システムコースでは情報ネットワークシステム領域と通信システム領域を中心とした学びの体系を、また、電気通信システムコースでは通信システム領域とエネルギー情報システム領域を中心とした学びの体系を提供します。現在および未来の社会・産業の要請に応えうる、情報システム技術や電気電子通信システム技術の素養と実践力をソフトウェアからハードウェアまで幅広く身につけ、それらの技術を融合した新たな技術を創生できる「底力」のある技術者・研究者を育みます。

情報システムコース

今日のわが国においては、人災や天災への対策、防犯、防疫、食品の安全性の確保、社会の高齢化、行政の電子化にともなう個人情報の保護といった、現代の社会・産業が抱える諸問題が大きくクローズアップされ、それらの解決が求められています。これらの問題に対処するには、情報を効果的に収集し、それを円滑に流通させ、さらに適切に処理することがきわめて重要です。それらは、高度情報化社会を実現し持続的に発展させていくための技術的な基盤としてだけでなく、著しい成長を続ける情報技術産業をはじめとするすべての産業を支える基幹技術としても不可欠です。情報システムコースでは、このような社会と産業の発展に寄与する情報システム関連技術を幅広く学び、新時代を切り開くことのできるICT(information and communication technology)技術者・研究者を育成します。

この目的を達成するために、安全で円滑な情報の流通をもたらす情報ネットワーク分野や、社会を構成する人間とそれを取り巻く環境に対する効果的なセンシングなどを実現する通信技術分野、社会および産業の視点からシステムを解析、評価、設計、最適化する社会情報システム分野といった、複合的な学問領域について、上記の諸問題にアプローチすることをめざした総合的な教育を行うのが本コースの特色です。

電気通信システムコース

電気電子通信システム技術は、人々の生活を支えるライフラインとしての電力供給から、情報通信機器、運輸、社会システム、医療・生命科学、宇宙開発、環境、その他極めて多様な分野において不可欠とされる技術です。また、将来の新しい技術の要所にも電気電子通信システム分野の知識が重要な役割を果たします。さらに近未来には、人類の活動エネルギーのほとんどが、電気エネルギーに依存すると予想されています。

本コースでは、このような多様な分野の技術に関わることができ、その発展に貢献できる人材を育みます。具体的には電気・電子の材料とその特性、電磁気学、電気電子回路、制御理論、エネルギーの変換・制御、情報通信、情報処理に関する分野を学ぶと同時に、それらを取り巻く分野や領域を越えた新しい学問を、理論及び実験を通して効果的・効率的に学習します。また、卒業後の進路である企業の専門技術者、あるいは研究者にとって不可欠な技術の核となる、基礎力や応用力を、そして、技術者としてだけでなく、社会人として生涯にわたり自己を磨き向上させることのできる力を身につけます。これにより、幅広い技術分野において主体的に課題の発見・解決を行い、将来リーダーとして活躍することのできる人材の育成をめざします。

カリキュラム

情報システムコース、電気通信システムコースともに、1年次および2年次前期には、教養科目や基礎科目を学び、基礎学力と幅広い視野を養います。あわせて専門教育科目の共通基礎科目やコース導入科目を履修し、専門分野への自分の興味と適性を見極めながら、高度な知識の修得に備えます。2年次後期からは、自らの将来ビジョンや関心にあわせて、ふたつのコースのどちらかを選びます。情報システム技術、あるいは電気電子通信システム技術の専門家となるためのコース専門科目と実験科目がそれぞれに用意されています。3年次後期には、本学科が主要な教育・研究の柱として位置付ける、情報ネットワークシステム領域、通信システム領域、エネルギー情報システム領域から提供される領域専門科目の履修が始まります。各自が興味あるテーマや、のちの研究課題につながる内容などを意識しながら専門性を高めていきます。4年次では、指導教員ひとりに対して4人程度の学生という恵まれた環境のもと、電子情報システム工学特別研究を履修し、具体的なテーマに取り組みながら研究の手法を学び、問題解決能力を養います。本学科のカリキュラムは、ソフトウェアからハードウェアまでの、あるいは情報からエネルギーまでの極めて広い範囲で多彩な科目を配当しており、コースの枠を越えて情報システム技術と電気電子通信システム技術を修得できるよう、学問的な系統を重視しながらも比較的自由度の高い編成となっていることも特徴です。

電子情報システム工学科におけるコースの考え方
電子情報システム工学科におけるコースの考え方

求める学生像

クリーンルームでの電子デバイス作成風景
クリーンルームでの電子デバイス作成風景
  • 情報システム技術、電気電子通信システム技術、またそれらを融合した新しい技術を社会や産業に展開することに興味を持っている人
  • 新しいことへチャレンジする精神が旺盛で、技術者に必要な課題発見能力、計画立案・遂行能力、チームワークなどの素養を身につけたい人
  • ソフトウェアとハードウェアを総合的に学びたい人

履修モデル

情報システムコース
履修モデル図
※2年次前期までは広く基礎的な科目を学び、同後期からコースを選択してより専門的に学びます。
電気通信システムコース
履修モデル図2
※2年次前期までは広く基礎的な科目を学び、同後期からコースを選択してより専門的に学びます。

取得可能な資格・免許

  • 学士(工学):卒業を要件として取得できます。
  • 第一級陸上特殊無線技士、第三級海上特殊無線技士:所定の科目の単位の修得並びに卒業を要件として取得できます。

卒業後の進路

就職先

医療システムズ NECエンジニアリング NTTコムウェア NTTデータ クックパッド さくら情報システム 大日本印刷 TIS 東京海上日動システムズ 東洋電機製造 日本年金機構 日本郵船 日本アイ・ビー・エム 日本経済新聞社 日本航空 日本信号 日本郵政インフォメーションテクノロジー 日本ユニシス パイオニア 東日本電信電話 東日本旅客鉄道 日立ハイシステム21 富士ゼロックス 三菱UFJ信託銀行 武蔵野銀行 矢崎総業 ヤマハ発動機 ユニリタ ほか

進学先

7割以上が大学院へ進学。首都大学東京大学院、東京大学大学院、東京工業大学大学院、早稲田大学大学院 ほか

*本学科の前身となる「電気電子工学コース」、「情報通信システムコース」、「経営システムデザインコース」の合算情報を掲載しています。(平成27年度データ)

教員一覧

電子情報システム工学科 教員一覧ページへ

入試情報

詳細については、必ず「入学者選抜要項」にてご確認ください。

一般選抜
試験教科
  • (前期)
    • 第一次選抜(大学入試センター試験)5教科7科目国、地歴・公民、数、理、外
    • 第二次選抜(個別学力検査)3教科3科目数、理、外
  • (後期)
    • 第一次選抜(大学入試センター試験)5教科7科目国、地歴・公民、数、理、外
    • 第二次選抜(個別学力検査)1教科1科目数
推 薦
選考方法等
  • 一般推薦入試
    • 出願書類、面接、口頭試問及び小論文により総合的に判定
  • 指定校推薦入試
    • 出願書類及び面接により総合的に判定
  • 都立工業高校等特別推薦入試
    • 出願書類及び面接により総合的に判定

入学者の受入れに関する方針(アドミッションポリシー)

全学サイト『「卒業の認定に関する方針」、「教育課程の編成及び実施に関する方針」、「入学者の受入れに関する方針」【新組織】』ページ外部リンクの「アドミッションポリシー」をご確認下さい。

卒業の認定に関する方針(ディプロマポリシー)/教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラムポリシー)

全学サイト『「卒業の認定に関する方針」、「教育課程の編成及び実施に関する方針」、「入学者の受入れに関する方針」【新組織】』ページ外部リンクの「ディプロマ・ポリシー&カリキュラム・ポリシー」をご確認下さい。