ここからページコンテンツが開始します

研究・教員紹介

長井 超慧氏 名 長井 超慧 (ナガイ ユキエ / NAGAI Yukie)
職 位准教授
所 属機械システム工学科
機械システム工学域
2017年度以前の所属
知能機械システムコース
知能機械システム学域
年報2018
研究紹介

デジタルエンジニアリング技術により、主に現物(実際に存在する物体)の形状スキャンデータ処理の研究・技術開発を通じて、ものづくりに貢献することを目指します。

専門・研究分野形状モデリング、コンピュータグラフィックス、計算幾何
最終学歴・学位東京大学大学院工学系研究科・博士(工学)
研究テーマ形状モデリングの応用および基礎研究、コンピュータグラフィックスの産業応用と基礎研究、計算幾何学
研究キーワード形状モデリング、コンピュータグラフィックス、計算幾何、形状スキャン、スキャンデータ処理
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【解説記事 (Invited Papers)】

* 鈴木 宏正, 大竹 豊, 長井 超慧, 堀田 淳, 松川 光彦, 産業用 X 線 CT 画像のための高精度部品セ
グメンテーション技術の開発及び実用化. 精密工学会誌,Vol. 84, No. 2, pp. 118-122, 2018.
https://doi.org/10.2493/jjspe.84.118
* 長井 超慧, 3D スキャン点群からの表面形状モデル構築. 画像ラボ,日本工業出版,Vol. 25, No. 3,
pp.33-40, March, 2014.
* 長井 超慧, 3D スキャナによる計算機への現物形状入力. Geometry Interface for 3D Scanning. 精密
工学会誌,精密工学会,Vol. 79, No. 6, pp.497-501, 2013.

【招待講演 (Invited Talks)】

* . 長井 超慧,生体の 3 次元形状スキャンデータの解析の可能性を拓く形状モデリング技術,日本機械
学会バイオエンジニアリング部門 第 53 回バイオサロン,3 月 29 日,2019.
* 長井 超慧,X 線 CT スキャンデータを利用したリバースエンジニアリングのための形状処理技術,東
京都立産業技術研究センター技術セミナー  X 線 CT 装置を用いたリバースエンジニアリング技術の
高度化,2 月 8 日,2019.
* 長井 超慧, 現物の 3D スキャンデータと形状処理技術,精密工学会 MEMS 商業化委員会 IoT 製造技
術研究会,7 月 6 日, 2018.
* 長井 超慧, CT スキャンの原理を利用した点群面張り,Tomographic Surface Reconstruction from
Point Cloud. 精密工学会現物融合型エンジニアリング専門委員会第 63 回委員会/総会,2 月 5 日,
2016.

【国際論文誌(International Journal Publications)】
* Yukie Nagai, Yutaka Ohtake, Hiromasa Suzuki, SegMo: CT Volume Segmentation using a Multilevel Morse Complex, CAD Journal, Volume 107, February 2019, pp. 23-36,
doi: https://doi.org/10.1016/j.cad.2018.09.002
* Naoya Sakabe, Yutaka Ohtake, Yukie Nagai and Hiromasa Suzuki, Identification of the Number
of Overlapping Welded Thin Plates in an X-ray CT Volume, J. CAD and Applications, pp. 318-328,
doi: 10.14733/cadaps.2019.318-328, 2018.
* Ryo Takahashi, Hiromasa Suzuki, Jouh Yeong Chew, Yutaka Ohtake, Yukie Nagai, and Koichi
Ohtomi, A system for three-dimensional gaze fixation analysis using eye tracking glasses, J. Computational Design and Engineering, Vol. 5, No. 4, pp. 449-457. https://doi.org/10.1016/j.jcde.2017.12.007
1. Seungki Kim, Yutaka Ohtake, Yukie Nagai, Hiromasa Suzuki, A novel interpolation scheme for
dual marching cubes on octree volume fraction data, Computers & Graphic, Vol. 66, August, pp.
169-178, 2017, https://doi.org/10.1016/j.cag.2017.05.021.
2. Kotaro Morioka, Yutaka Ohtake, Hiromasa Suzuki, Yukie Nagai, Hiroyuki Hishida, Koichi Inagaki,
Takeshi Nakamura, Fumiaki Watanabe, 3D woven composite design using a flattening simulation,
Computer-Aided Design, Vol. 81, December 2016, pp.24--38, 2016.
3. Yukie Nagai, Yutaka Ohtake, Hiromasa Suzuki, Hiroyuki Hishida, Kouichi Inagaki, and Takeshi
Nakamura, Direction Estimation and Visualization of Yarns from CT Volumes of SiC Fabric. International
Journal of Automation Technology, Special issue on Digital Engineering for Complex
Shapes, Vol. 10, No. 2, March 2016, pp.179--186, 2016.
4. Yukie Nagai, Yutaka Ohtake and Hiromasa Suzuki, Tomographic Surface Reconstruction from
Point Cloud. Computers & Graphics Special Issue on Shape Modeling International, Vol. 46,
February 2015, pp.55?63, 2015.
5. Y. Nagai, Y. Ohtake, H. Yokota and H. Suzuki, Boundary-representable partition of unity for image
magnification. Science China Information Sciences, Vol. 56, No. 11, 2013.
6. Y. Nagai, Y. Ohtake and H. Suzuki, Smoothing of Partition of Unity Implicit Surfaces for Noise
Robust Surface Reconstruction. Computer Graphics Forum, Vol. 28, No. 5, 2009.


【特許 (Patents)】
* 特許出願中(Patent pending)
[ 発明の名称 ] X 線 CT における CT ボリュームの表面抽出方法
[ 出願番号 ] 特願 2018-226040
[ 出願日 ] 2018 年 11 月 30 日
[ 発明者 ] 大竹豊、長井超慧、後藤智徳、佐々木誠治、今正人
[ 出願人 ] 国立大学法人東京大学、株式会社ミツトヨ
* [ 発明の名称 ] 設計支援装置、設計支援方法及びプログラム
国際出願
[ 出願番号 ] PCT/JP2015/076350
[ 出願日 ] 2015 年 10 月 08 日
[ 発明者 ] 菱田寛之、稲垣宏一、中村武志、渡邉文章、森岡浩太郎、大竹豊、鈴木宏正、長井超慧
[ 出願人 ] 株式会社 IHI、国立大学法人東京大学
* [ 発明の名称 ] 構造解析装置、構造解析方法及び三次元織繊維素材製造方法
[ 出願番号 ] 特願 2016-041239
[ 出願日 ] 2016 年 03 月 03 日
[ 発明者 ] 菱田寛之、稲垣宏一、中村武志、長井超慧、大竹豊、鈴木宏正
[ 出願人 ] 株式会社 IHI、国立大学法人東京大学
* [ 発明の名称 ] 部品形状抽出システム
[ 出願番号 ] 特願 2016-170816
[ 出願日 ] 2016 年 09 月 01 日
[ 発明者 ] 大竹豊、長井超慧、渡邉 翔、鈴木宏正
[ 出願人 ] 国立大学法人東京大学


【メディア・取材 (Coverage)】

1. 東京大学新聞  2016 年 1 月 26 日号 NEW GENERATION  誠実な努力で道開く 長井超慧助教
受 賞1.グラフィクスと CAD 合同シンポジウム,グラフィクスとCAD研究会優秀研究発表賞 受賞,2009年 6月.
2.精密工学会春季大会,ベストプレゼンテーション賞 受賞,2014年 3月.
3.精密工学会,技術賞 受賞,2017年 9月.
主な学会活動* 文部科学省科学技術予測センター科学技術専門家ネットワーク 専門調査員, 2019年4月 --現在
* ASPEN2019 Organizing Committee Member, 2018年--現在
* 公益社団法人 精密工学会 OS「(A08)システムのシンセシス(設計・サービス・生産システム)」オーガナイザ, 2018年10月 -- 現在
* 一般社団法人 日本機械学会 次世代設計工学(NGDE)研究会メンバー, 2019年 -- 現在
* 公益社団法人 精密工学会 広報・情報部会 広報委員,2016年 4月--現在
* 公益社団法人 精密工学会 出版部会 会誌編集委員,2017年 4月--現在
* 公益社団法人 精密工学会 アフィリエイト,2018年 4月--現在
* 公益社団法人 精密工学会 国際交流委員,2018年 4月--現在
* 一般社団法人 日本機械学会 設計工学・システム部門学術誌編集委員、2019年 4月--現在
* 一般社団法人 日本機械学会 設計工学・システム部門広報委員、2019年 4月--現在
* Computer Graphics International 2019 (CGI 2019) PC member, 2018年--現在
* Visual Computing (VC) シンポジウム 2019  プログラム委員,2019年
* Design シンポジウム 2019  若手委員,2018年--現在
* Visual Computing (VC) シンポジウム 2018  プログラム委員,2018年
社会等との関わり
個人のURLhttp://www.comp.sd.tmu.ac.jp/gdd/nagai/index.html外部リンク
担当科目
  • 基礎設計工学
  • プログラミング演習Ⅰ
  • 知能機械概論
  • システム工学演習
  • プログラミング演習I
  • 応用設計工学
オフィスアワー
研究室日野キャンパス1号館258号室
内線番号8642
メールアドレスメールアドレス
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等http://www.comp.sd.tmu.ac.jp/gdd/外部リンク