ここからページコンテンツが開始します

大学院案内

再編前(~平成29年度)の大学院 教員一覧

通信システム

阿保 真氏 名 阿保 真 (アボ マコト / ABO Makoto) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマアンテナ・電波伝搬、情報伝送に関する研究、光・電波による大気リモートセンシング技術
研究紹介
流星を利用した風測定システム
流星を利用した風測定システム

電波や光を使って、他の手段では測ることの出来ない遠く離れた場所の環境情報を測り、その情報を伝送するシステムの研究を行っています。

図は我々が開発した、携帯電話にも使われている新しい通信技術と地球大気層の上端で光る流れ星とを利用した、高さ 100 km の風を測定するシステムの原理図です。

田川 憲男氏 名 田川 憲男 (タガワ ノリオ / TAGAWA Norio) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマコンピュータビジョンの基礎理論とその応用 医用超音波信号処理 医用超音波プローブシステム
研究紹介
超音波断層像の撮像のようす
超音波断層像の撮像のようす

計測データを解析して、そこから所望の情報を抽出するための研究を行っています。具体的には、カメラで撮影した画像から3 次元情報を抽出するコンピュータビジョンの研究、超音波断層像から2 次元の動き情報を抽出する動画像解析の研究、発話時の口唇動画像から話者情報を抽出する個人識別の研究等が挙げられます。

大久保 寛氏 名 大久保 寛 (オオクボ カン / OKUBO Kan) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ音波・電磁波などの波動現象の信号解析に関する研究
音波・電磁波などの波動現象の数値シミュレーションに関する研究
電磁観測を用いた自然災害の予測と監視のためのシステム開発に関する研究
電磁観測を用いた自然災害の予測と監視のための信号解析に関する研究
高精度な時間領域数値解析手法の開発に関する研究
研究紹介
波動現象とその信号解析
波動現象とその信号解析

波動情報工学(信号解析、数値シミュレーション、電磁界計測)に関する研究を行っています。
例えば,電磁波・音波などの振動・波動現象の信号解析及び数値シミュレーション。
ディジタル信号の補間法とその応用。地球環境電磁界計測を利用した自然現象の監視・観測システムとその信号処理。
生体内画像化のための信号処理。

坂本 高秀氏 名 坂本 高秀 (サカモト タカヒデ / SAKAMOTO Takahide) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ超高速光通信システムや、超広帯域光•高周波計測を実現するための、アナログ/デジタル光信号処理•マイクロ波信号処理技術の研究を行っています。
柴田 泰邦氏 名 柴田 泰邦 (シバタ ヤスクニ / SHIBATA Yasukuni) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ地球・都市環境問題に役立つリモートセンシングシステム(光計測、非接触可視化など)に関する研究
研究紹介
光通信機器を用いた風速測定用レーザー光源
光通信機器を用いた
風速測定用レーザー光源

地球・都市環境問題に役立つリモートセンシングシステム(光計測、非接触可視化など)の研究を行っています。 光通信で利用されている装置を応用し、大気の風向風速を測定するシステムの開発や、大気汚染物質モニタリング用のレーザー光源・微弱光受信システムの開発、計測データの高度信号処理法に関する研究など。

藤田 八郎氏 名 藤田 八郎 (フジタ ハチロウ / FUJITA Hachiro) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ現在,量子暗号,量子情報理論の問題に取り組んでいます.
研究紹介

符号理論,信号処理に関する研究


情報システム

石川 博氏 名 石川 博 (イシカワ ヒロシ / ISHIKAWA Hiroshi) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマソーシャルメディアや実世界との相互作用から生まれる大量データ(ビッグデータ)を有機的、効率的に解析し、新しい価値を発見する技術の研究
研究紹介
ソーシャルメディア上の写真からランドマーク(赤枠)と撮影スポット(白丸)を発見し、その間の関係(黄線)を推定
ソーシャルメディア上の写真から
ランドマーク(赤枠)と撮影スポット(白丸)を
発見し、その間の関係(黄線)を推定

ソーシャルメディアと実世界との相互作用からは大量データ(ビッグデータ)が生まれます。このビッグデータを効率的に解析することで新しい価値を発見する技術を研究しています。

福本 聡氏 名 福本 聡 (フクモト サトシ / FUKUMOTO Satoshi) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ自己回復能力をもつVLSIの構成・評価に関する研究、並列・分散システムの障害回復機能を実現するアルゴリズム・プロトコル等の研究
研究紹介
分散アルゴリズム試験実装用PCクラスタ
分散アルゴリズム
試験実装用PCクラスタ

故障しない、あるいは故障してもそれに耐えて機能するようなコンピュータシステムや、ネットワークシステムの実現手法について研究しています。具体的には、自己回復能力をもつVLSIの構成・評価に関する研究、並列・分散システムの障害回復機能を実現するアルゴリズム・プロトコル等を中心に研究しています。

三浦 幸也氏 名 三浦 幸也 (ミウラ ユキヤ / MIURA Yukiya) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマディジタル・アナログ・ディジアナ混載VLSIの設計とテストに関する研究,
故障解析とテスト手法の開発に関する研究,
CADシステムの開発に関する研究,
ディジタルシステムの高信頼化に関する研究,
ディペンダブルシステム&ディペンダブルVLSIの開発に関する研究,
機能安全に関する研究
研究紹介
VLSIチップの表面(配管のように見えているものはすべて信号線)
VLSIチップの表面
(配管のように見えている
ものはすべて信号線)

VLSI(集積回路)は情報通信システムをはじめとしてあらゆる分野で用いられています。高品質で高信頼性のあるシステムを構築するには、その主要部品であるVLSIが正しく動作しなければなりません。高信頼性のあるVLSIをどのように設計するか、また設計されたVLSIが正しく動作することをどのように調べるか、について研究しています.

片山 薫氏 名 片山 薫 (カタヤマ カオル / KATAYAMA Kaoru) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ三次元CADアセンブリモデルの高精度検索
グラフデータの効率的検索
問い合わせ最適化
研究紹介

専門分野はデータ工学。グラフとして表現できるデータやマルチメディアデータを対象とした効率的な検索手法について研究を行っている。

小町 守氏 名 小町 守 (コマチ マモル / KOMACHI Mamoru) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ大規模テキストを用いた統計的手法や深層学習によって、人間のことばを解析し、多言語コミュニケーション支援につなげる研究をしています。特に日本語と英語と中国語をターゲットに、機械翻訳、言語学習支援といった自然言語処理の応用や、基盤技術および言語資源構築といった基礎的な分野に関する研究を行なっています。
研究紹介

大規模テキストを用いた統計的手法によって、人間のことばを解析し、多言語コミュニケーション支援につなげる研究をしています。特に日本語と英語をターゲットに、言語学習者の作文の誤り訂正、統計的機械翻訳、意味・文脈解析、そしてウェブからの大規模な情報抽出に関する研究を行なっています。

酒井 和哉氏 名 酒井 和哉 (サカイ カズヤ / SAKAI Kazuya) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマモバイルネットワークにおけるネットワークセキュリティやルーティングプロトコル開発、RFIDシステムにおけるセキュリティーとプライバシー保護に関する研究を行っている。
研究紹介

モバイルネットワークにおけるネットワークセキュリティやルーティングプロトコル開発、RFIDシステムにおけるセキュリティーとプライバシー保護に関する研究を行っている。

原田 智広氏 名 原田 智広 (ハラダ トモヒロ / HARADA Tomohiro) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ最適化手法の一つである進化計算法の効率化に取り組んでいます.進化計算法は,生物進化のメカニズムに着想を得たアルゴリズムで,最適化の対象となる解を評価し,その評価値に基づいて自然淘汰,交配を繰り返すことで,評価値の高い,環境に適応した解を発見する方法です.進化計算法の一連のプロセスの中で最もコストが高いのは解の評価です.私の研究では,進化計算法を効率化する方法として,並列計算法と代替評価モデルを用いる方法を研究しています.並列計算法では,複数台のコンピュータを用いて解の評価を分散して実行することで,1台のコンピュータで実行するよりも効率的に最適解を獲得することを目指します.一方,代替評価モデル用いる方法では,コストの高い解の評価を,コストの低い機械学習モデルで置き換えて推定することで効率化する方法です.
これ以外にも,非接触生体センサーを用いた睡眠計測や,ビデオゲームAIの研究にも取り組んでいます.

メディア情報処理

小野 順貴氏 名 小野 順貴 (オノ ノブタカ / ONO Nobutaka) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ非同期分散マイクロフォンによるアレイ信号処理
高速ブラインド音源分離
音響イベント検出・音響シーン認識
自閉症音声の分析と定量化
研究紹介
imege01
iPhone上で動作する
高速ブラインド音源分離

音声、音楽など、音を対象とした信号処理と情報処理の研究を行っています。特に複数マイクから得られる情報を活用し、混ざった音から聞きたい音を取り出したり、音の発生位置やマイク位置を推定したり、音響シーンを認識したりする研究を進めています。

貴家 仁志氏 名 貴家 仁志 (キヤ ヒトシ / KIYA Hitoshi) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ・画像/ビデオ信号の高効率圧縮法
・マルチメディアセキュリティ
・暗号化された領域での画像処理
・信号処理理論の構築とその展開
研究紹介
著作権保護のために画像の一部をスクランブルした例
著作権保護のために画像の
一部をスクランブルした例

ハリウッドを中心に、編集・配信を含めて映画のすべての処理をディジタル技術により行う研究が進められています。ハイビジョンを超える高品位な映像をイン ターネットにより配信することが、現実になりそうです。それらを支える技術である情報圧縮、映像処理、コンテンツ配信、セキュリティに関する研究をしてい ます。

高間 康史氏 名 高間 康史 (タカマ ヤスフミ / TAKAMA Yasufumi) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ情報可視化技術に関する研究,Webインテリジェンスに関する研究,知的インタフェース,インタラクション分析に関する研究
研究紹介
大規模文書集合から抽出した話題分布情報(キーワードマップ)
大規模文書集合から
抽出した話題分布情報
(キーワードマップ)

Webに代表される情報環境・情報リソースを活用し、我々の知的活動・創造的活動を支援するための知識処理システムについて研究しています。セマンティックウェブ技術を応用した情報検索システムや、情報可視化技術を用いた知的インタフェース、テキストや画像情報の効率的な収集手法などについて研究を行っています。

山口 亨氏 名 山口 亨 (ヤマグチ トオル / YAMAGUCHI Toru) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ成長するネットワーク型知能と人間中心システム、知能情報処理とネットワーク技術を活用した新たなシステムデザイン
研究紹介
人間とコミュニケーションするネットワーク知能空間
人間とコミュニケーションする
ネットワーク知能空間

アイボやアシモなど、人間と対話するロボットも誕生しています。このように、人間とコミュニケートする機械の知能を人工的に構築するのが知能情報処理で す。人間のジェスチャーを理解する意図の認識機構、また、人間と意図を共有しコミュニケートするオントロジー機構、さらに、コミュニケーションが空間全体 に広がる知能空間を研究します。

西川 清史氏 名 西川 清史 (ニシカワ キヨシ / NISHIKAWA Kiyoshi) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ無線通信、インターネットによるメディアデータの配信
研究紹介
コンピュータソフトウェアによるネットワークシミュレーション
コンピュータソフトウェアによる
ネットワークシミュレーション

動画像に代表されるメディア情報を、インターネットを用いて効率よく配信する事を研究しています。インターネットはメールなど少量のデータの送信を想定して設計されているため、メディア情報のように大容量のデータの配信を効率よく行うためには新しい工夫が必要です。このため、メディア情報配信に特化したインターネットプロトコルの設計などを通して、効率のよい配信方法を研究しています。

塩田 さやか氏 名 塩田 さやか (シオタ サヤカ / SHIOTA Sayaka) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ音声信号処理(音声認識・話者照合)
研究紹介

携帯電話やATM、パソコンなどのセキュリティに生体認証が使われる機会が増える中、 複雑な機材が必要なく手軽に生体認証を行うことが出来るということから話者照合という技術が 注目を浴びつつあります。今後より手軽にかつ安心して話者照合を使うことが出来るようにするための 話者照合のモデルについてや照合方法に関する研究をしています。

柴田 祐樹氏 名 柴田 祐樹 (シバタ ヒロキ / SHIBATA Hiroki) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマデータマイニング、情報推薦、人工知能、機械学習、最適化
下川原 英理氏 名 下川原 英理 (シモカワラ エリ / SHIMOKAWARA Eri) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ環境を考慮した人とシステムのインタラクション,状況依存マルチモーダルインタラクション
研究紹介

状況を考慮した人の意図理解による人とロボットのインタラクションに関する研究


兼任教員

岩崎 一彦氏 名 岩崎 一彦 (イワサキ カズヒコ / IWASAKI Kazuhiko) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマシステムに誤りが生じてもシステムダウンとなることを防止する技術,すなわちディペンダブルシステムの研究をおこなっている.パケット損失が生じても通信機能を確保する高信頼ネットワークの設計,あるいはサーバの一部がダウンしても処理を続行できるシステム構成が挙げられる.また,現代の情報化社会を支えるVLSIシステムの高信頼化にも取り組んでいる.VLSIシステムのテスト容易化設計やテスト機能をチップに組み込んだ自己テスト方式の研究をおこなっている.
研究紹介
パケット回復技術なし  パケット回復技術あり
ディペンダブルTV会議システムの画像から
(左:パケット回復技術なし、右:あり)

コンピュータネットワークとマイクロプロセッサは私たちの社会活動を支える大黒柱です。これらの信頼性を高める技術はディペンダビリティ(頼りがいのある)技術と呼ばれています。ディペンダブルシステムの構築を目指して、データの複製配置法や集積回路の自己テスト法等について研究しています。

藤吉 正明氏 名 藤吉 正明 (フジヨシ マサアキ / FUJIYOSHI Masaaki) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマメディア情報セキュリティ,画像処理
研究紹介

画像などのメディア情報を対象とするセキュリティ技術やメディア情報を用いるセキュリティ技術を中心に研究しています。

史 虹波氏 名 史 虹波 (シ コウナミ / SHI Hongbo) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマネットワーク通信、機械学習