ここからページコンテンツが開始します

学部案内

電子情報システム工学科 教員一覧

情報ネットワークシステム領域

朝香 卓也氏 名 朝香 卓也 (アサカ タクヤ / ASAKA Takuya) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ情報サービスを享受するユーザ環境に適応した情報システム技術、あるいは環境情報を活用した新たな情報サービスの研究開発を行っています.情報システムを利用するユーザの置かれた環境、例えば高速移動時や甚大災 害発生時など物理的空間環境に適応した情報システムの構築、あるいはユーザや サービスのコンテキスト情報やビッグデータから得られた様々な環境情報に則した利便性の高い快適な情報サービスの実現を目指しています.
研究紹介

次世代の環境情報システム技術の要素技術、およびその応用システム技術の確立を目指しています。具体的には、Peer-to-Peerネットワークに代表されるデータセントリックサービス技術、環境情報を自律的に収集・提供するユビキタスサービス技術、物理的なネットワークシステムとその機能をユーザに対して隠蔽するシームレスサービス技術等に関する研究開発を行なっています。

開沼 泰隆氏 名 開沼 泰隆 (カイヌマ ヤスタカ / KAINUMA Yasutaka) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマオペレーションズ・マネジメント,サプライ・チェーン・マネジメント,クローズド・ループ・サプライ・チェーン,リマニュファクチュアリング,グローバル・サプライ・チェーン・ネットワーク,災害救援ロジスティクス,サービス・オペレーションズ・マネジメント,統計・データ解析
Operations Management, Supply Chain Management, Closed-Loop Supply Chain, Remanufacturing,
Humanitarian Supply Chain, Disaster Relief Supply Chain, Supply Chain Risk Management,
Global Supply Chain Metwork
研究紹介

これまでの大量消費・大量廃棄の社会から循環型社会に移行するために、生産活動を行う組織は、原材料の調達、製品の生産、製品の物流、廃棄品の回収/リユース・リサイクルに至るプロセスを対象にして環境負荷を低減するよう効率化を図らなくてはなりません。このプロセスをサプライ・チェーン(SC)として捉え、SCにおける戦略やマネジメントを対象として、管理技術や意思決定方法などについての研究を行っています。

梶原 康博氏 名 梶原 康博 (カジハラ ヤスヒロ / KAJIHARA Yasuhiro) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ生産システムの設計・管理、ロボット・画像処理を用いた作業の自動化、人工現実感を用いた工程設計などに関する研究
研究紹介

生産システムの設計・管理,ロボット・画像処理を用いた作業の自動化,人工現実感を用いた工程設計,製造企業における中高齢者活用支援技術,大規模プラントにおける防災活動(作業)支援装置などに関する研究。

福本 聡氏 名 福本 聡 (フクモト サトシ / FUKUMOTO Satoshi) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ自己回復能力をもつVLSIの構成・評価に関する研究、並列・分散システムの障害回復機能を実現するアルゴリズム・プロトコル等の研究
研究紹介
分散アルゴリズム試験実装用PCクラスタ
分散アルゴリズム
試験実装用PCクラスタ

故障しない、あるいは故障してもそれに耐えて機能するようなコンピュータシステムや、ネットワークシステムの実現手法について研究しています。具体的には、自己回復能力をもつVLSIの構成・評価に関する研究、並列・分散システムの障害回復機能を実現するアルゴリズム・プロトコル等を中心に研究しています。

三浦 幸也氏 名 三浦 幸也 (ミウラ ユキヤ / MIURA Yukiya) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマディジタル・アナログ・ディジアナ混載VLSIの設計とテストに関する研究,
故障解析とテスト手法の開発に関する研究,
CADシステムの開発に関する研究,
ディジタルシステムの高信頼化に関する研究,
ディペンダブルシステム&ディペンダブルVLSIの開発に関する研究,
機能安全に関する研究
研究紹介
VLSIチップの表面(配管のように見えているものはすべて信号線)
VLSIチップの表面
(配管のように見えている
ものはすべて信号線)

VLSI(集積回路)は情報通信システムをはじめとしてあらゆる分野で用いられています。高品質で高信頼性のあるシステムを構築するには、その主要部品であるVLSIが正しく動作しなければなりません。高信頼性のあるVLSIをどのように設計するか、また設計されたVLSIが正しく動作することをどのように調べるか、について研究しています.

安田 恵一郎氏 名 安田 恵一郎 (ヤスダ ケイイチロウ / YASUDA Keiichiro) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ最適化アルゴリズム,特にメタヒューリスティクスの研究,および最適化アルゴリズムのエネルギーシステム工学への応用
研究紹介
研究イメージ

発見的最適化手法(メタヒューリスティクス)の解析・設計及び実システムへの応用

山本 久志氏 名 山本 久志 (ヤマモト ヒサシ / YAMAMOTO Hisashi) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマシステム信頼性評価、マーケットデータ解析
研究紹介

大規模・複雑化するシステムの故障をいかにして少なくするかを目指し、どのようにしてシステムを設計するか、設計したシステムをどのようにして評価するか、またシステムが故障したデータを次のシステムにどのようにして反映させるかなどについて研究しています。

酒井 和哉氏 名 酒井 和哉 (サカイ カズヤ / SAKAI Kazuya) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマモバイルネットワークにおけるネットワークセキュリティやルーティングプロトコル開発、RFIDシステムにおけるセキュリティーとプライバシー保護に関する研究を行っている。
研究紹介

モバイルネットワークにおけるネットワークセキュリティやルーティングプロトコル開発、RFIDシステムにおけるセキュリティーとプライバシー保護に関する研究を行っている。

渋谷 正弘氏 名 渋谷 正弘 (シブヤ マサヒロ / SHIBUYA Masahiro) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ職場改善に関する研究
研究紹介

作業者を含めた生産技術の視覚化、企業における意志決定のための情報の収集技術と企業情報の視覚化、及び、個人の知的生産性を支援するため支援方法について研究をおこなってます。

相馬 隆郎氏 名 相馬 隆郎 (ソウマ タカオ / SOMA Takao) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマロボット工学,精度保証付き数値計算法
研究紹介
研究イメージ

機械学習を用いた2足歩行制御や精度保証付き数値計算法に関する研究を行っています。

西川 清史氏 名 西川 清史 (ニシカワ キヨシ / NISHIKAWA Kiyoshi) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ無線通信、インターネットによるメディアデータの配信
研究紹介
コンピュータソフトウェアによるネットワークシミュレーション
コンピュータソフトウェアによる
ネットワークシミュレーション

動画像に代表されるメディア情報を、インターネットを用いて効率よく配信する事を研究しています。インターネットはメールなど少量のデータの送信を想定して設計されているため、メディア情報のように大容量のデータの配信を効率よく行うためには新しい工夫が必要です。このため、メディア情報配信に特化したインターネットプロトコルの設計などを通して、効率のよい配信方法を研究しています。

肖 霄氏 名 肖 霄 (シャオ シャオ / Xiao xiao) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマソフトウェア信頼性評価,ソフトウェア開発労力予測,最適ネットワーク設計
研究紹介

システム信頼性評価に関する研究

田村 健一氏 名 田村 健一 (タムラ ケンイチ / TAMURA Kenichi) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマシステム制御および最適化に関する研究
研究紹介

制御や最適化を中心とするシステム工学が専門です。主に大規模・複雑なシステムの設計・解析・統合に関する理論やアルゴリズムの研究を行っています。

西辻 崇氏 名 西辻 崇 (ニシツジ タカシ / NISHITSUJI Takashi) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマホログラフィ, 情報光学/究極の三次元映像技術といわれる電子ホログラフィの実現に向けた高速計算技術, 圧縮伝送技術の研究
研究紹介

ホログラフィ、情報光学/究極の三次元映像技術といわれる電子ホログラフィの実現に向けた高速計算技術、圧縮伝送技術の研究をしています。


通信システム領域

阿保 真氏 名 阿保 真 (アボ マコト / ABO Makoto) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマアンテナ・電波伝搬、情報伝送に関する研究、光・電波による大気リモートセンシング技術
研究紹介
流星を利用した風測定システム
流星を利用した風測定システム

電波や光を使って、他の手段では測ることの出来ない遠く離れた場所の環境情報を測り、その情報を伝送するシステムの研究を行っています。

図は我々が開発した、携帯電話にも使われている新しい通信技術と地球大気層の上端で光る流れ星とを利用した、高さ 100 km の風を測定するシステムの原理図です。

鈴木 敬久氏 名 鈴木 敬久 (スズキ ユキヒサ / SUZUKI Yukihisa) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ数値波動解析手法に関する研究,高エネルギー電子ビームと高分子材料との相互作用に関する研究,3次元リアルタイム温度分布可視化手法の電磁界計測への応用
研究紹介
研究イメージ

生体電磁気学、大規模コンピュータシミュレーション、電磁界理論、電磁界計測、宇宙環境工学

田川 憲男氏 名 田川 憲男 (タガワ ノリオ / TAGAWA Norio) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマコンピュータビジョンの基礎理論とその応用 医用超音波信号処理 医用超音波プローブシステム
研究紹介
超音波断層像の撮像のようす
超音波断層像の撮像のようす

計測データを解析して、そこから所望の情報を抽出するための研究を行っています。具体的には、カメラで撮影した画像から3 次元情報を抽出するコンピュータビジョンの研究、超音波断層像から2 次元の動き情報を抽出する動画像解析の研究、発話時の口唇動画像から話者情報を抽出する個人識別の研究等が挙げられます。

多氣 昌生氏 名 多氣 昌生 (タキ マサオ / TAKI Masao) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ環境電磁工学、人体ばく露に関する電磁界の評価方法,電磁界の生体作用
研究紹介
研究イメージ

電磁界による生体作用と安全性に関する電磁界の人体ばく露評価及び生体作用の評価。

松井 岳巳氏 名 松井 岳巳 (マツイ タケミ / MATSUI Takemi) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ医療や安全に係わるシステムの研究開発
[1]マイクロ波レーダーを用いた安全運転のための非接触・自律神経活性度モニターシステムの開発 
[2]新型インフルエンザ等・新興感染症の非接触・迅速(5秒間)スクリーニングシステムの開発 
[3]医療従事者の2時汚染を防止するための非接触・バイタルサイン(生命信号)モニター装置の開発
研究紹介

航空機や自動車の事故、病院や工場における事故の多くは、装置とそれを使う人間の 不調和によって生じています。この不調和を取り除いて安全を実現するための装置の研究を工学、医学、心理学の側面から行っています。

内田 諭氏 名 内田 諭 (ウチダ サトシ / UCHIDA Satoshi) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ1. 泳動濃縮マイクロフィルタの開発
2. 誘電泳動及び蛍光分光を用いた微生物の代謝活性モニタリング
3. 泳動濃縮及び低電圧パルスを用いた超高効率殺菌システムの検討
4. 誘電泳動アセンブリによる立体構造センサの開発
5. 高周波駆動マイクロプラズマアレイのシミュレーション
6. 分子性マイクロプラズマ中の放電特性の数値解析
7. プラズマ活性種による生体膜変位の分子動力学モデリング
研究紹介
研究イメージ

静電力学効果(主に誘電泳動)の工業的応用および数値シミュレーションによる放電プラズマ解析に関する研究

大久保 寛氏 名 大久保 寛 (オオクボ カン / OKUBO Kan) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ電磁波・音波などの振動・波動現象の信号解析及び数値シミュレーションに関する研究
電磁観測を用いた自然災害の予測と監視のためのシステム開発及び信号解析に関する研究
高精度な時間領域数値解析手法の開発に関する研究
研究紹介
波動現象とその信号解析
波動現象とその信号解析

波動情報工学(信号解析、数値シミュレーション、電磁界計測)に関する研究を行っています。
例えば,電磁波・音波などの振動・波動現象の信号解析及び数値シミュレーション。
ディジタル信号の補間法とその応用。地球環境電磁界計測を利用した自然現象の監視・観測システムとその信号処理。
生体内画像化のための信号処理。

柴田 泰邦氏 名 柴田 泰邦 (シバタ ヤスクニ / SHIBATA Yasukuni) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ地球・都市環境問題に役立つリモートセンシングシステム(光計測、非接触可視化など)に関する研究
研究紹介
光通信機器を用いた風速測定用レーザー光源
光通信機器を用いた
風速測定用レーザー光源

地球・都市環境問題に役立つリモートセンシングシステム(光計測、非接触可視化など)の研究を行っています。 光通信で利用されている装置を応用し、大気の風向風速を測定するシステムの開発や、大気汚染物質モニタリング用のレーザー光源・微弱光受信システムの開発、計測データの高度信号処理法に関する研究など。

KIK, Alfred氏 名 KIK, Alfred (キック アルフレード / KIK, Alfred) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ電磁波工学
研究紹介

電磁界理論と電磁波計測が専門です。主に誘電率と透磁率の新しい測定法の開発と評価について研究しています。

佐藤 隆幸氏 名 佐藤 隆幸 (サトウ タカユキ / SATO Takayuki) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ生体組織弾性分布の超音波計測
血液粘度の超音波推定
体外循環時の血液粘度の光学的推定
研究紹介

光学的及び音響的アプローチによる血液粘度のモニタリング手法の確立。光学的手法では体外循環治療時に有用な血液粘度と赤血球凝集度の両情報の取得が、音響的手法ではin vivoでの赤血球凝集度の取得が見込まれる。

橋爪 絢子氏 名 橋爪 絢子 (ハシヅメ アヤコ / HASHIZUME Ayako) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ人間中心設計、ユーザエクスペリエンスデザイン、ユーザ調査
研究紹介

人間中心設計やUXデザインのための質的調査、高齢者の情報行動に関する研究


エネルギー情報システム領域

清水 敏久氏 名 清水 敏久 (シミズ トシヒサ / SHIMIZU Toshihisa) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ先進パワーエレクトロニクス技術に関する研究
研究紹介
研究イメージ

電気エネルギーの様々な特性(電圧、電流、周波数など)を使用目的に応じて適切に変換し、電気エネルギーを高効率に使用するためのパワーエレクトロニクスの研究を行っています。この技術は、パソコン、ハイブリッド自動車、太陽光発電など様々な電気製品に使用されています。

須原 理彦氏 名 須原 理彦 (スハラ ミチヒコ / SUHARA Michihiko) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ三重障壁共鳴トンネル構造のマイクロ波・ミリ波帯通信デバイスへの応用インピーダンス可変型微細RFデバイスの開発広帯域アンテナ統合型通信デバイスの開発
研究紹介
研究イメージ

超広帯域無線通信システムの開発を目指したテラヘルツ帯モノリシック機能集積デバイスや化合物半導体量子効果デバイスの研究

杤久保 文嘉氏 名 杤久保 文嘉 (トチクボ フミヨシ / TOCHIKUBO Fumiyoshi) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマプラズマを用いた有害ガスや廃水などの環境浄化技術,各種大気圧プラズマの生成と診断,非平衡プラズマのシミュレーション
研究紹介
研究イメージ

非平衡大気圧プラズマの基礎課程とその応用(材料科学、表面処理、環境浄化技術など)について研究しています。

三浦 大介氏 名 三浦 大介 (ミウラ オオスケ / MIURA Osuke) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ超伝導材料、超伝導の環境エネルギー応用、新規熱電材料
研究紹介
研究イメージ  研究イメージ

エネルギー・環境問題の解決に向けた超伝導応用。ナノ組織制御による高性能超電導材料、磁気分離と磁気アルキメデス効果による環境浄化・資源回収、新奇層状超伝導体を母材とした高性能熱電材料など。

渡部 泰明氏 名 渡部 泰明 (ワタナベ ヤスアキ / WATANABE Yasuaki) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ●Ultra-high speed visualization of in-plane vibrational mode shapes in UHF resonators.
●Application technology of precise frequency and time.
●Phase-noise Measurement.
研究紹介
研究イメージ  研究イメージ

10THzから10GHzの回路に適用できる圧電デバイスに関する研究を行っています。また圧電性を用いたQCMについてバイオ等の応用を行っています。

五箇 繁善氏 名 五箇 繁善 (ゴカ シゲヨシ / GOKA Shigeyoshi) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ超小型原子時計に関する研究
次世代インバータ用ゲート駆動回路に関する研究
研究紹介
研究イメージ

精密な時間や周波数の発生・応用に関する研究です。具体的には超小型電子時計、磁気センサ、パワエレ回路への応用などです

中村 成志氏 名 中村 成志 (ナカムラ セイジ / NAKAMURA Seiji) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ応用物性・結晶工学
研究紹介
研究イメージ

次世代半導体の欠陥物性解明、評価技術開発、低損傷加工プロセス開発および新機能デバイス開発に関する研究を行っています。

和田 圭二氏 名 和田 圭二 (ワダ ケイジ / WADA Keiji) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ半導体電力変換回路の高効率化とEMIノイズ抑制,
電力系統用変換回路の研究
パワーエレクトロニクス回路の高信頼性に関する研究
研究紹介
研究イメージ

パワーエレクトロニクス回路の高信頼化に関する研究として低ノイズ用回路構造設計、高精度デジタル制御手法の研究。

斉藤 光史氏 名 斉藤 光史 (サイトウ ミツフミ / SAITO Mitsufumi) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマInSb/Siヘテロエピタキシャル成長
InSb FETデバイスの開発
研究紹介

新規動作原理デバイス開発を目指した、ナローギャップ半導体および新奇層状物質中の電子スピン制御に関する研究を行っています。

土屋 淳一氏 名 土屋 淳一 (ツチヤ ジユンイチ / TSUCHIYA Junichi) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマリニアアクチュエータ,電磁機器の最適設計
研究紹介

統合型最適化手法を用いた電気機器の最適設計。システムの研究およびサーフェスモータなどの新型アクチュエータの研究。

中川 雄介氏 名 中川 雄介 (ナカガワ ユウスケ / NAKAGAWA Yusuke) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ大気圧プラズマの高い反応性を活かした応用技術の研究, レーザー等を用いた分光分析によるプラズマの解析
研究紹介

大気圧プラズマの高い反応性を活かした応用技術について研究しています。また、レーザー等を用いた分光分析によるプラズマの解析を行っています。