ここからページコンテンツが開始します

学部長、研究科長メッセージ

トップページ » 学部長、研究科長メッセージ

夢を持とう

システムデザイン学部長 諸貫 信行
システムデザイン学部長
諸貫 信行

「システム」とは多様な要素が有機的に組み合わされて機能を実現するものであり,「デザイン」とは設計という意味を持ちます.よって,「システムデザイン」とは新しい仕組みを創り出すことを意味します.

新しいシステムを創ることはもちろん容易ではなく,多様な分野の勉強や,数多くの試行錯誤の結果としてようやく実現できるものでしょう.世の中をあっと言わせるような新しいシステムのたとえ一部であっても,これを創ることには大きな喜びが伴います.スマートフォンが一般化して多くの情報を瞬時に得られるようになり,あらゆる機械要素がネットワークに接続されてモノづくりが効率化され,私たちの暮らしがさらに便利になり,今後はもっとおしゃれで新しいサービスが始まる予感を感じませんか? 皆さんは将来それを実現する役割を担うのです.そして,システムデザイン学部はそのような夢の実現を強力に後押しするためにあるといってもよいでしょう.

本学部は2018年に新たな体制となりました.これまで南大沢と日野の2キャンパスに分割されていた本学の電気系と機械系は,システムデザイン学部にまとめられました.構成する学科は,情報科学科,電子情報システム工学科,機械システム工学科,航空宇宙システム工学科,インダストリアルアート学科の5学科であり,一部の学科は依然2キャンパスにまたがるものの,それぞれで先端的な研究と教育を進めています.

本学部の特徴として,学科横断的な履修が挙げられます.各学科で提供する体系的なカリキュラムに加え,一部の制約はあるものの他学科科目の履修が可能です.卒業生の多くが進学する大学院では,専門領域をまたがった「研究プロジェクト演習」を選択必修科目として提供するとともに,複数教員による公開評価を期末ごとに行って多様な視点からの考察力を育成します.このような教育の成果として,これまでに各業界や各学会の一線で活躍する技術者・研究者を多く輩出してきました.

大きな夢を持つ人,あるいは夢を見出したい人を大歓迎します.今は具体的な夢が無くても構いません.私たちと一緒に夢を描き,新しいシステムの実現に向けた勉強を始めませんか?

システムデザイン学部長
諸貫 信行