ここからページコンテンツが開始します

学部案内

トップページ » 学部案内 » 情報科学科

情報科学科

情報科学科 ホームページ外部リンク

五感情報提示型のバーチャルリアリティ装置による臨場感の実験
五感情報提示型のバーチャルリアリティ
装置による臨場感の実験

現代社会において、情報技術は世界中のあらゆる分野で用いられ、歴史上4回目の「産業革命」と呼ばれるほどの変化を引き起こしています。19世紀半ばまでは土木工学中心の時代でしたが、20世紀に入るまでには機械工学が発展し、第一次世界大戦で電気工学や化学工学、そして第二次世界大戦で原子力工学が役割を拡大させていきました。21世紀を迎え、インターネットの拡大や計算機の高度化、人工知能やマルチメディア・ソーシャルメディアの急速な進展を経つつ、ビッグデータの時代が到来しましたが、これらは皆、情報技術の成果と言えます。新技術が世界各地に日進月歩で登場する一方で、社会的なリスク要因は多様化する傾向にあります。そうした未知の状況に日々直面する中でも、情報技術を駆使することによって将来を見据えた的確な決断を行い、グローバルに活躍できる人材の養成が急務となっています。情報科学科では、このような変化の激しい時代に柔軟に適応し、高度な情報技術に熟達した、国際的に活躍できるソフトウェアエンジニアを育成することをめざしています。

カリキュラム

1~2年次は、南大沢キャンパスで教養科目を通して幅広い教養知識を学ぶことで、社会と関わっていくための十分な素養を身につけ、理系共通基礎科目・学科基礎科目によって、専門知識を身につけていくために必要な基礎力を養います。1年次から始まる領域導入科目では、最先端の技術を学ぶとともに、2年次以降は3つの学科専門科目群(基礎理論系・アーキテクチャ系・コンテンツ系)を履修します。また、プログラミング技術の修得に加えて、データ解析やコンテンツ処理に関する演習も重視しています。

3年次以降は、日野キャンパスに学びの場を移し、学科専門科目群の学修を引き続き行います。これら3つの科目群をバランスよく学びつつ、各自の専門性を伸ばすことができます。実験に関しては、より高度なプログラミング技術、データ解析・コンテンツ処理能力だけでなく、問題解決力、プレゼンテーション能力の育成が行われます。4年次には、指導教員のもとで特別研究(卒業研究)を履修します。教員一人あたり4名程度の研究室配属によるきめ細かい指導を受けながら、最先端情報技術の研究を経験することにより、問題発見、問題解決、ディスカッション、プレゼンテーション等の能力を養います。

求める学生像

研究ゼミの風景
研究ゼミの風景
  • 高度情報化社会を支える技術・専門知識に幅広く興味を持っている人
  • 世界にインパクトを与える仕事に挑戦したい人
  • 全員がリーダーシップを発揮して問題解決に当たるプロジェクトに貢献したい人

履修モデル

取得可能な資格・免許

  • 学士(工学):卒業を要件として取得できます。
  • 高等学校教諭一種(情報)*教職課程申請中。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開始時期が変更となる可能性があります。

卒業後の進路(情報科学科/学域)

就職先

KDDI NTTデータ ソフトバンクモバイル みずほ情報総研 日本ヒューレット・パッカード 富士通 NEC キヤノン 日立 日立ソリューションズ ソフトバンク 日本IBM 野村総合研究所 SCSK ヤフー 日本総研 任天堂 日本ユニシス コニカミノルタ シャープ 凸版印刷 ほか

進学先

7割以上が大学院に進学。首都大学東京大学院、東京工業大学大学院、東京大学大学院 ほか

教員一覧

情報科学科 教員一覧ページへ

入試情報

詳細については、必ず「入学者選抜要項」にてご確認ください。

一般選抜
試験教科
  • (前期)
    • 第一次選抜(大学入試センター試験)5教科6科目国、地歴・公民、数、理、外
    • 第二次選抜(個別学力検査)3教科3科目数、理、外
  • (後期)
    • 第一次選抜(大学入試センター試験)5教科6科目国、地歴・公民、数、理、外
    • 第二次選抜(個別学力検査)1教科1科目数
推 薦
選考方法等
  • 一般推薦入試
    • 出願書類、面接、口頭試問及び小論文により総合的に判定
  • 指定校推薦入試
    • 出願書類及び面接により総合的に判定
  • 都立工業高校等特別推薦入試
    • 出願書類及び面接により総合的に判定

入学者の受入れに関する方針(アドミッションポリシー)

全学サイト『「卒業の認定に関する方針」、「教育課程の編成及び実施に関する方針」、「入学者の受入れに関する方針」【新組織】』ページ外部リンクの「アドミッションポリシー」をご確認下さい。

卒業の認定に関する方針(ディプロマポリシー)/教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラムポリシー)

全学サイト『「卒業の認定に関する方針」、「教育課程の編成及び実施に関する方針」、「入学者の受入れに関する方針」【新組織】』ページ外部リンクの「ディプロマ・ポリシー&カリキュラム・ポリシー」をご確認下さい。