学部案内 教員一覧

ビッグデータ・マイニング

高間 康史
氏名 高間 康史タカマ ヤスフミ / TAKAMA Yasufumi
職位 教授
研究テーマ 情報可視化に関する研究,情報推薦に関する研究,Webインテリジェンスに関する研究,知的インタフェースに関する研究
研究紹介
大規模文書集合から抽出した話題分布情報(キーワードマップ)
大規模文書集合から
抽出した話題分布情報
(キーワードマップ)

Webに代表される情報環境・情報リソースを活用し、我々の知的活動・創造的活動を支援するための知識処理システムについて研究しています。セマンティックウェブ技術を応用した情報検索システムや、情報可視化技術を用いた知的インタフェース、テキストや画像情報の効率的な収集手法などについて研究を行っています。

松田 崇弘
氏名 松田 崇弘マツダ タカヒロ / MATSUDA Takahiro
職位 教授
研究テーマ 情報通信ネットワークの計測, 監視, トモグラフィ技術および無線ネットワーク品質制御に関する研究
研究紹介
研究イメージ

情報通信ネットワークの計測、監視、トモグラフィ技術および無線ネットワーク品質制御に関する研究

片山 薫
氏名 片山 薫カタヤマ カオル / KATAYAMA Kaoru
職位 准教授
研究テーマ ・三次元CADアセンブリモデルを対象とした高精度検索技術の開発
・グラフデータの効率的検索技術の開発
・大規模データベースに対する問い合わせ処理の最適化
研究紹介

専門分野はデータ工学。グラフとして表現できるデータやマルチメディアデータを対象とした効率的な検索手法について研究を行っている。

横山 昌平
氏名 横山 昌平ヨコヤマ ショウヘイ / YOKOYAMA Shohei
職位 准教授
研究テーマ 全世界・全方位時空間データにおける情報の偏在性と遍在性の研究
研究紹介
研究イメージ

ジオソーシャルデータ分析アルゴリズム、ソーシャルデータの観光応用、Web技術を用いたデータ可視化

柴田 祐樹
氏名 柴田 祐樹シバタ ヒロキ / SHIBATA Hiroki
職位 助教
研究テーマ 不確定要素を考慮するための確率模型による経路推薦の研究と,Boltzmann Machine の性質に関する研究

人工知能・自然言語処理

西内 信之
氏名 西内 信之ニシウチ ノブユキ / NISHIUCHI Nobuyuki
職位 教授
研究テーマ ヒューマンインタフェース、ユーザビリティ、ユーザエクスペリエンスに関する研究。
生体情報を利用したセキュリティシステムの開発に関する研究。
画像処理による三次元動作解析、人間の視線を用いた入出力インタフェースの開発。
画像処理技術を応用したシステム開発に関する研究。
研究紹介

人間と様々な機器の関係をより円滑なものにするために、ヒューマンインタフェースに関する技術が注目されています。工学、物理、社会、情報といった多面的な観点から、最新のコンピュータ技術を利用して、新たなヒューマンインタフェースの研究を行っています。

山口 亨
氏名 山口 亨ヤマグチ トオル / YAMAGUCHI Toru
職位 教授
研究テーマ 成長するネットワーク型知能と人間中心システム、知能情報処理とネットワーク技術を活用した新たなシステムデザイン
研究紹介
人間とコミュニケーションするネットワーク知能空間
人間とコミュニケーションする
ネットワーク知能空間

アイボやアシモなど、人間と対話するロボットも誕生しています。このように、人間とコミュニケートする機械の知能を人工的に構築するのが知能情報処理で す。人間のジェスチャーを理解する意図の認識機構、また、人間と意図を共有しコミュニケートするオントロジー機構、さらに、コミュニケーションが空間全体 に広がる知能空間を研究します。

小町 守
氏名 小町 守コマチ マモル / KOMACHI Mamoru
職位 准教授
研究テーマ 大規模テキストを用いた統計的手法や深層学習によって、人間のことばを解析し、多言語コミュニケーション支援につなげる研究をしています。特に日本語と英語と中国語をターゲットに、機械翻訳、言語学習支援といった自然言語処理の応用や、基盤技術および言語資源構築といった基礎的な分野に関する研究を行なっています。
研究紹介

大規模テキストを用いた統計的手法によって、人間のことばを解析し、多言語コミュニケーション支援につなげる研究をしています。特に日本語と英語をターゲットに、言語学習者の作文の誤り訂正、統計的機械翻訳、意味・文脈解析、そしてウェブからの大規模な情報抽出に関する研究を行なっています。

福井 隆雄
氏名 福井 隆雄フクイ タカオ / FUKUI Takao
職位 准教授
研究テーマ 到達把持運動の視覚運動変換過程における運動学的検討
意識的気づきと潜在的運動制御の乖離とその結果としての行為知覚
他者動作・他者身体部位(顔・手)の認知メカニズム
研究紹介
image01
日常的動作の1つである,到達把持運動に
関する実験風景.手指先,手首部部分に
貼付した反射マーカの動きを三次元動作
解析装置で記録する.

心理物理実験やモーションキャプチャーシステムを用いた運動学的解析により,ヒトの知覚・行動特性に関する研究を行っている.

下川原 英理
氏名 下川原 英理シモカワラ エリ / SHIMOKAWARA Eri
職位 助教
研究テーマ 環境を考慮した人とシステムのインタラクション,状況依存マルチモーダルインタラクション
研究紹介

状況を考慮した人の意図理解による人とロボットのインタラクションに関する研究

藤田 八郎
氏名 藤田 八郎フジタ ハチロウ / FUJITA Hachiro
職位 助教
研究テーマ 現在,量子暗号,量子情報理論の問題に取り組んでいます.
研究紹介

符号理論,信号処理に関する研究


ソーシャル・マルチメディア

會田 雅樹
氏名 會田 雅樹アイダ マサキ / AIDA Masaki
職位 教授
研究テーマ 複雑システムのネットワーク科学,オンラインソーシャルネットワークのユーザダイナミクス,通信ネットワークの階層型自律分散制御技術.
研究紹介

社会活動の基盤として重要性を増している通信ネットワークを主な研究対象とし、ネットワークトラヒックの振舞いから社会構造の仕組みを解明する研究をしています。また高品質な通信ネットワークをデザインするためのネットワークシステム設計、制御、品質測定技術、性能評価技術、管理技術などについて研究しています。

小野 順貴
氏名 小野 順貴オノ ノブタカ / ONO Nobutaka
職位 教授
研究テーマ 非同期分散マイクロフォンによるアレイ信号処理
高速ブラインド音源分離
音響イベント検出・音響シーン認識
自閉症音声の分析と定量化
研究紹介
image-20
iPhone上で動作する高速ブラインド音源分離

音声、音楽など、音を対象とした信号処理と情報処理の研究を行っています。特に複数マイクから得られる情報を活用し、混ざった音から聞きたい音を取り出したり、音の発生位置やマイク位置を推定したり、音響シーンを認識したりする研究を進めています。

貴家 仁志
氏名 貴家 仁志キヤ ヒトシ / KIYA Hitoshi
職位 教授
研究テーマ ・画像/ビデオ信号の高効率圧縮法
・高信頼AIの構築
・高品質画像の生成
・プライバシー保護を考慮した機械学習
・フェイクメディア
研究紹介
著作権保護のために画像の一部をスクランブルした例
著作権保護のために画像の
一部をスクランブルした例

ハリウッドを中心に、編集・配信を含めて映画のすべての処理をディジタル技術により行う研究が進められています。ハイビジョンを超える高品位な映像をイン ターネットにより配信することが、現実になりそうです。それらを支える技術である情報圧縮、映像処理、コンテンツ配信、セキュリティに関する研究をしてい ます。

岡本 正吾
氏名 岡本 正吾オカモト ショウゴ / Okamoto Shogo
職位 准教授
研究テーマ ハプティクス(触力覚と運動),支援システム(歩行解析,歩行支援,リハビリテーション機械),感性科学・工学を中心に人間に関する情報学分野を研究してます.
研究紹介

情報科学の技術を使って、人間の感覚と運動を理解・支援する研究

塩田 さやか
氏名 塩田 さやかシオタ サヤカ / SHIOTA Sayaka
職位 助教
研究テーマ スマートフォンやスマートスピーカ,AI技術やロボットなどの普及に伴い,人間は機械と会話をしたり意思疎通を図る機会が増えてきました.そのために音声による入出力,さらには音声によるセキュリティやプライバシー保護が重要な技術とみなされるようになってきています。私の研究では機械を音声で操作するために必要となる音声認識および,その音声を発声したのが誰かを識別する話者照合,さらにはその音声を発声したのが本当に人間であるか,誰かをなりすまそうとしている音声でないかを識別するなりすまし検出について着目しています。音声認識、話者照合、なりすまし検出それぞれの精度を向上することや、汎用性をあげるために深層学習を使った手法の提案や、データベースの作成、音声信号処理を使った手法の提案など様々な研究を行っています。
研究紹介

携帯電話やATM、パソコンなどのセキュリティに生体認証が使われる機会が増える中、 複雑な機材が必要なく手軽に生体認証を行うことが出来るということから話者照合という技術が 注目を浴びつつあります。今後より手軽にかつ安心して話者照合を使うことが出来るようにするための 話者照合のモデルについてや照合方法に関する研究をしています。

塚常 健太
氏名 塚常 健太ツカツネ ケンタ / TSUKATSUNE Kenta
職位 助教
研究テーマ これまで、社会科学領域で発達したデータ分析手法を用いて、人間の行動と心理の研究を進めてきました。近年は特にSNSユーザの行動と心理の類型化、およびその類型が決まる要因の特定に注力しています。 また、人名・地名などの名前(固有名詞)が持つ情報特性と社会的機能をそれぞれ明らかにする研究にも取り組んでいます。
研究紹介

これまで、社会科学領域で発達したデータ分析手法を用いて、人間の行動と心理の研究を進めてきました。近年は特にSNSユーザの行動と心理の類型化、およびその類型が決まる要因の特定に注力しています。 また、人名・地名などの名前(固有名詞)が持つ情報特性と社会的機能をそれぞれ明らかにする研究にも取り組んでいます。

YEM, Vibol
氏名 YEM, Vibolヤェム ヴィボル / YEM, Vibol
職位 助教
研究テーマ 遠隔作業,遠隔コミュニケーション,テレイグジスタンス,VRなどのための,多感覚伝送技術・触覚再現技術やウェラブル装置・ロボティクスの研究開発
Research and Development of Multisensory Transmission Technologies, Haptics Technologies, Wearable Devices and Robotics for Tele-Operation, Tele-Communication, Telexistence, and VR.
研究紹介

ヒューマンインタフェース、バーチャルリアリティ、力触覚、ロボティクス