ここからページコンテンツが開始します

学部案内

インダストリアルアートコース 教員一覧

プロダクトデザインコア

笠松 慶子氏 名 笠松 慶子 (カサマツ ケイコ / KASAMATSU Keiko) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ・プロダクトデザインにおけるエビデンスデータの活用ーエビデンスベースドデザインー
・ロービジョン者の歩行様態におけるメンタルモデルの解明と設計規範の構築
・女性の生理特性と作業に関する研究
研究紹介

"もの"を使っているとき、戸惑いを感じたり、違和感を感じたことはありませんか。人がものを使う時に安全に使えることや間違った操作をしない設計になっていることは必須です。しかし、それだけではなく、人が"使いにくい"と感じない、使える、使いたいと思えることが重要です。人間に適合したものや情報のデザインに必要な品質構成について人の心理や感覚・機能面から研究しています。

藤原 敬介氏 名 藤原 敬介 (フジワラ ケイスケ / FUJIWARA Keisuke) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ新素材・新技術のインテリアエレメントへの応用と実践
研究紹介
チタニウム材に陽極酸化を施し作られた椅子
チタニウム材に陽極酸化を
施し作られた椅子

リビングデザインスタジオでは、人間と社会と自然を結び付けながら、人々が健全に生きることのできる住環境を研究します。さらに、造形を通した文化の創造と位置付け、身体と空間の関係性をデザインします。デザインの対象は、床・壁・天井などの空間を仕切る要素に始まり、椅子・テーブル・棚・照明などの空間に配置されるもの、さらに物質として目に見えない、音・光・香りなどを含みます。

金 石振氏 名 金 石振 (キム ソクジン / KIM Seokjin) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ製品・サービスデザイン、未来社会研究、未来家電デザイン、製品イノベーションデザイン、サスティナブルデザインなど
研究紹介
融合型コミュニケーションテーブル
融合型コミュニケーションテーブル  

造形芸術、科学技術、人文学などの幅広い分野と結びつく総合的な研究を指向し、これらと関連したモノづくりはもちろん、デザインの問題解決能力を備えることを目標とします。また、商品企画を始め、デザイン戦略、開発、生産に至るまでの全てのプロセスを理解、体験するなど意味のあるデザインイノベーション活動を通じ、モノの新しい価値を見つけ出すことを目指します。

難波 治氏 名 難波 治 (ナンバ オサム / NAMBA Osamu) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ自動車デザイン、商品企画論
研究紹介
 様々に変化する将来の交通社会を視野に人と乗り物と
 環境の良い関係性を実践的なカーデザインプロセスを
 主題材に考察します。
馬場 哲晃氏 名 馬場 哲晃 (ババ テツアキ / BABA Tetsuaki) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ芸術,エンタテインメント,教育,デザインに関してインタラクションまたはインタフェースを軸にした研究をしています.
研究紹介

次世代インタフェースを軸としたインタラクティブアート、インタラクションデザインの研究。ユビキタス社会に向け、生活に組み込まれた情報機器を自然に楽しくユーザが操作できるインタラクション体系を築くため、インタラクティブアートを足がかりとして次世代メディアインタフェース並びにインタラクションを提案する。

他人に触れるインタフェース『Freqtric Project』1 他人に触れるインタフェース『Freqtric Project』2
他人に触れるインタフェース『Freqtric Project』
Verl Adams氏 名 Verl Adams (ヴァール アダムス / VERL Adams) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマThe Perception of Light through Architectural Space
研究紹介
Shadow & Light

I grew up among red rock mesas and canyons of the western United States. This unique environment infused in me a consciousness of the desert’s most prominent resource, the sun. As an architect I’m fascinated with the potential of architecture to act as a “filter”, to modulate the sun’s life-giving light and create a heightened awareness of the relationship between humans and nature, earth and sky. I study the nature of light and experiment with visual perception in search of creating spatial environments that expand our sense of place. I utilize photography as a way to explore concepts and document the work. I approach both design and photography as a series of inquiries into the ethereal, ephemeral nature of shadow + light.

土屋 真氏 名 土屋 真 (ツチヤ シン / TSUCHIYA Shin) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ移動空間を用いた社会的有用性に関する実証的研究
研究紹介

空間の境界を構成する要素に関する研究。空間の多層性を生み出す境界に関する研究、及び実践

茂木 龍太氏 名 茂木 龍太 (モテギ リュウタ / MOTEGI Ryuta) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマプロダクトデザイン、デザイン方法論
研究紹介
デザインプロセスにおける支援システムの開発及びデザイン手法の提案

メディアアートコア

菊竹 雪氏 名 菊竹 雪 (キクタケユキ / KIKUTAKE Yuki) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ公共空間におけるヴィジュアル・コミュニケーションデザインの開発と実践
研究紹介
「direction」都市空間における<br />ヴィジュアルコミュニケーションデザイン(札幌市)
「direction」都市空間におけるヴィジュアル
コミュニケーションデザイン(札幌市)

グラフィックデザインスタジオでは、社会構造の変化や文化認識、生産システムの変化など、様々な時代変動のなか、どのような考えのもとで、どのような表現を作り出せば、新しくかつ普遍的なヴィジュアル・コミュニケーションが生まれるか、ということをテーマに研究を行います。アイデンティフィケーション、広告、パッケージ、プロダクト、空間・環境など、メディアの領域を超えて、ヴィジュアル・コミュニケーションの可能性をデザインします。

串山 久美子氏 名 串山 久美子 (クシヤマ クミコ / KUSHIYAMA Kumiko) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ新しい科学技術によって、これまでにない表現やコミュニケーションの新しい形を社会に提供できると考えています。デジタル技術を応用したインタラクティブアートやアクセシブルなインタフェースデザイン、公共空間でのデジタル表現や視触覚ディスプレイの制作など、社会との関わりの中で表現を思考するメディアアート作品の制作・研究とデジタルメディア制作を支援する基礎技術の開発をします。世界に通用する人材の育成を目指します。
研究紹介
インタラクティブ作品「WAVES」2006年
インタラクティブ作品
「WAVE」2003年
インタラクティブ作品「Thermoesthrsia」2003年
インタラクティブ作品
「Thermoesthesia」2006年

新しい科学技術によって、これまでにない表現やコミュニケーションの新しい形を社会に提供できると考えています。デジタル技術を応用したインタラクティブアートやCGアニメーション、公共空間でのデジタル作品やユビキタスコンテンツの制作など、社会との関わりの中で表現を思考するメディアアート作品の制作・研究とデジタルメディア作品の制作を支援する基礎技術の開発をします。世界に通用する人材の育成を目指します。

今間 俊博氏 名 今間 俊博 (コンマ トシヒロ / KONMA Toshihiro) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ3次元CGとモーションキャプチャーを活用したセルタッチアニメーションの制作システム

本研究の目的は、日本式アニメーションの制作環境を根本から改善し、より競争力の高いアニメーションコンテンツの制作支援システムの開発である。モーションキャプチャによるノーキーフレームアニメーション制作は、日本アニメ特有の動きを妨げ、いろいろと演出上の問題点を有する。これに対して我々のアプローチは、観客が有する視的感性に基づいた、アニメ作品の制作システムの開発である。この研究は、昨年に引き続き3年間行った。H24からは、更に広い用途を目指して行く予定である。
研究紹介
研究内容

人間は目では無く、脳でその映像を受け入れます。脳の反応は外界の変化に対して、いつも直線的であるとは限りません。そのため物理法則的に正しい映像を創る事が、人間に対して、しばしば間違ったメッセージを発信してしまう事があります。コンピュータが介在するデジタル映像の時代となった現在、実写映像とアニメーションを融合して、全く新しい映像環境を創りだす準備が整いつつあります。創り出すのはアナタです。

楠見 清氏 名 楠見 清 (クスミ キヨシ / KUSUMI Kiyoshi) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ◎ペーパーメディアとディジタルメディアの相互活用のためのエディトリアル・デザインの理論的かつ手法的な研究
◎フィジカル・メディアを活用したコミュニケーションの創造と新しい公共性の研究
◎視覚表象文化研究、情報共有時代のアートとデザインの社会的機能の研究
研究紹介

出版・広告などのマスメディアやデジタル情報メディアにおける編集と、現代美術・写真・映像などの視覚表象文化におけるイメージの編集を理論的に分析し、情報共有時代のアートとデザインの社会的機能を実践的に捉え直す。さらに都市空間におけるパブリック・アートから情報空間におけるパブリック・ドメインへの移行にも照合し、芸術の新たな公共性、リミックス・カルチャー、クリエイティブ・コモンズの研究を行っている。

『八谷和彦OpenSky2.0』論文寄稿(NTT出版、2007年)
『八谷和彦OpenSky2.0』
論文寄稿(NTT出版、2007年)
シンポジウム「アートのオープンソース化は可能か?」(NTTインターコミュニケーションセンター[ICC]オープン・サロン、2006年)
シンポジウム「アートのオープン
ソース化は可能か?」
(NTTインターコミュニケーション
センター[ICC]オープン・サロン、
2006年)
《KRAZY! The Delirious World of Anime+Comics+Video Games+Art》 コキュレーター(ヴァンクーヴァー・アートギャラリー、カナダ、2008年)
《KRAZY! The Delirious World of
Anime+Comics+Video Games+Art》
コキュレーター(ヴァンクーヴァー・
アートギャラリー、カナダ、2008年)
渡邉 英徳氏 名 渡邉 英徳 (ワタナベ ヒデノリ / WATANAVE Hidenori) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ情報デザイン,ネットワークデザイン,Webアート
研究紹介
Google Earth
Second Life

新興分野の研究者や企業と連携し、新規性のあるテクノロジーを活かした「応用芸術」としてのプロジェクト、サービスを実践的に研究している。現在はSecond LifeやGoogle Earthなどの仮想世界、GISソフトウェアを用いた活動が中心。

安藤 大地氏 名 安藤 大地 (アンドウ ダイチ / ANDO Daichi) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ人工知能の書技術を用いた音楽創作と分析
研究紹介
  1. 人工知能を中心とした情報工学の技術や理論を用いたアート作品 創作支援システムに関する研究。
  2. 音楽作品創作・分析とそのためのシステムの構築。
対話型進化論的計算を用いた作曲支援システムCACIEと快適な音楽創作支援を行うためのインタフェース.1 対話型進化論的計算を用いた作曲支援システムCACIEと快適な音楽創作支援を行うためのインタフェース.2
対話型進化論的計算を用いた作曲支援システムCACIEと
快適な音楽創作支援を行うためのインタフェース.
ライブインタラクティブコンピュータ音楽の演奏風景
ライブインタラクティブコンピュータ音楽の演奏風景
西﨑 実穂氏 名 西﨑 実穂 (ニシザキ ミホ / NISHIZAKI Miho) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマグラフィックデザイン、生態心理学
研究紹介

グラフィックデザイン、生態心理学

日高 良祐氏 名 日高 良祐 (ヒダカ リョウスケ / HIDAKA Ryosuke) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ音楽ファイルフォーマットの社会的生成に関するメディア技術史
研究紹介

音楽ファイルフォーマットの社会的生成に関するメディア技術史