ここからページコンテンツが開始します

研究・教員紹介

坂元 尚哉氏 名 坂元 尚哉 (サカモト ナオヤ / SAKAMOTO Naoya)
職 位准教授
所 属機械システム工学科
機械システム工学域
2017年度以前の所属
知能機械システムコース
知能機械システム学域
年報2018 2017 2016 2015
研究紹介
細胞培養作業の様子と線維芽細胞の蛍光顕微鏡画像
細胞培養作業の様子と線維芽細胞の蛍光顕微鏡画像

生物学的な手法に力学的観点や工学的技術を組み合わせ、新たな生体機能・構造制御メカニズム解明を目指しています。

専門・研究分野メカノバイオロジー,バイオメカニクス,生体医工学
最終学歴・学位博士(工学)
研究テーマ力学環境に対する細胞応答,細胞の力学応答メカニズム,血管疾患,細胞核メカノバイオロジー
研究キーワードメカノバイオロジ-,細胞バイオメカニクス,生体医工学
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
1) X. Han, N. Sakamoto, N. Tomita, H. Meng, M. Sato, M. Ohta: Influence of TGF-β1 expression in endothelial cells on smooth muscle cell phenotypes and MMP prodution under shear stress in a co-culture model, Cytotechnology, Vol. 71 (2), pp. 489-496, 2019.
2) N. Sakamoto, Y. Ueki, M. Oi, T. Kiuchi, M. Sato: Fluid shear stress suppresses ICAM-1-mediated transendothelial migration of leukocytes in coculture model, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol. 502, pp. 403-408, 2018.
3) D. Yoshino, N. Sakamoto, M. Sato: Fluid shear stress combined with shear stress spatial gradients regulate vascular endothelial morphology, Integrative Biology, Vol. 9 (7), pp. 584-594, 2017.
4) N. Sakamoto, M. Ogawa, K. Sadamoto, M. Takeuchi, N. Kataoka: Mechanical role of nesprin-1-mediated nucleus-actin filament binding in cyclic stretch-induced fibroblast elongation. Cellular and Molecular Bioengineering, Vol. 10 (4), pp. 327-338, 2017.
5) X. Han, N. Sakamoto, N. Tomita, H. Meng, M. Sato, M. Ohta: Influence of shear stress on phenotype and MMP production of smooth muscle cells in a co-culture model. Journal of Biorheology, Vol. 31 (2), pp. 50-56, 2017.
6) N. Sakamoto, K. Sadamoto: Effect of low oxygen conditions on matrix metalloproteinase-9 production of macrophages subjected to cyclic stretching: involvement of ERK and Rho kinase pathways. Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol. 12 (1), p. 16-00590, 2017.
7) T. Ohashi, Y. Sugaya, N. Sakamoto, M. Sato: Relative contribution of physiological hydrostatic pressure and fluid shear stress to endothelial monolayer integrity. Biomedical Engineering Letters, Vol. 6 (1), pp. 31-38, 2016.
8) H. Abiko, S. Fujiwara, K. Ohashi, R. Hiatari, T. Mashiko, N. Sakamoto, M. Sato, K. Mizuno: Rho guanine nucleotide exchange factors involved in cyclic-stretch-induced reorientation of vascular endothelial cells. Journal of Cell Science, Vol. 128 (9), pp. 1683-1695, 2015.
受 賞
主な学会活動日本機械学会
日本生体医工学会
日本バイオレオロジー学会
米国生体医工学会(Biomedical Engineering Society)
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 基礎ゼミナール
  • バイオメカニクス
  • 生体機械概論
  • 生体生理工学
  • 機械システム基礎実験 a
  • 機械システム基礎実験 b
  • バイオメカニクス
  • 生体情報工学演習
  • 生体計測・信号処理
  • 生体計測工学
  • バイオメカニクス(SD)
  • 知能機械システム基礎実験
  • 生体計測特論
  • 生体機能工学特論
  • 生体理工学ゼミナール
  • 研究室インターンシップ(生体理工学)
  • 研究室インターンシップ(生体理工学)
オフィスアワー
研究室南大沢キャンパス 9号館462室
南大沢キャンパス 生体機械工学研究棟10号館213室
内線番号
メールアドレスメールアドレス
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等http://www.comp.sd.tmu.ac.jp/mechanobio/外部リンク