西川 清史
氏名 西川 清史ニシカワ キヨシ / NISHIKAWA Kiyoshi
職位 教授
所属 電子情報システム工学科
電子情報システム工学域
2017年度以前の所属
情報通信システムコース
情報通信システム学域
年報 201620152014201320122011201020092008200720062005
研究紹介

線形・非線形システムに対する学習理論、機械学習アルゴリズムの画像処理・信号処理への応用、
深層ニューラルネットワークによる画像処理

専門・研究分野 信号処理
最終学歴・学位 工学修士・博士(工学)
研究テーマ 信号処理、深層学習、機械学習の信号処理への応用
研究キーワード 適応信号処理、CNN、GAN
研究業績・著書・論文、その他それに準じる業績 Extension of Image Transport Protocol Allowing Server-Side Control of Request for Retransmission, IEICE Trans. Fundamentals, vol.E87-A, no.3, pp.674-681
Error Protection for JPEG2000-Coded Images and Its Evaluation over OFDM Channel, IEICE Trans. Fundamentals, vol.E86-A, no.8, pp.2056-2060
Multirate Repeating Method for Alias Free Subband Adaptive Filters, IEICE Trans. Fundamentals, vol.E85-A, no.4, pp.776-783
Efficient Packet Loss Protection for JPEG2000 Images Enabling Backward Compatibility with a Standard Decoder,
IEEE International Conference on Image Processing Packet Loss Recovery for RTP-based Transmission of JPEG2000 Images Enabling Backward Compatibility with Standard Decoder,
IEEE Midwest Symposium on Circuits and Systems De-spreding of WCDMA HSDPA signals using FFT based on the equivalent representation of MC-MC CDMA and WCDM,
IEEE Signal Processing Adavances in Wireless Communications Efficient Scheme of Packet Loss Recovery for JPEG2000 Images Allowing Backward Compatibility with a Standard Decoder,
International Technical Conference on Circuits/Systems,
Computers and Communications Low Computational Complexity Implementation Method for W-CDMA systems,
International Technical Conference on Circuits/Systems,
Computers and Communications Error protection for JPEG2000 encoded images and its evaluation over OFDM channel,
IEEE International Symposium on Circuits and Systems
その他
受 賞
主な学会活動 電子情報通信学会、米国電気学会(IEEE) 信号処理研究専門委員会委員、論文誌査読委員他
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 言語処理系(CS)
  • オペレーティングシステム(CS)
  • 言語処理系(EECS)
  • オペレーティングシステム(EECS)
  • 電子情報システム工学ゼミナール
  • オペレーティングシステム
  • 情報ネットワークシステム特別講義
  • メディア情報処理特別講義
オフィスアワー 事前にメールなどで問い合わせを行ってください。
研究室 日野キャンパス1号館236号室
内線番号 8423
メールアドレス メールアドレス
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等