須原 理彦
氏名 須原 理彦スハラ ミチヒコ / SUHARA Michihiko
職位 教授
所属 電子情報システム工学科
電子情報システム工学域
年報
研究紹介
研究イメージ

超広帯域無線通信システムの開発を目指したテラヘルツ帯モノリシック機能集積デバイスや化合物半導体量子効果デバイスの研究

専門・研究分野 量子電子工学
最終学歴・学位 博士(工学)
研究テーマ 三重障壁共鳴トンネル構造のマイクロ波・ミリ波帯通信デバイスへの応用インピーダンス可変型微細RFデバイスの開発広帯域アンテナ統合型通信デバイスの開発
研究キーワード 量子効果デバイス,低環境負荷微細加工プロセス,RFマイクロデバイス,マイクロ波・ミリ波
研究業績・著書・論文、その他それに準じる業績 M.Suhara, N.Asaoka, M.Fukumitusu, H.Horie, and T.Okumura, ”Effect of Mesa Formation Processes on GaInP/GaAs Triple Barrier Resonant Tunneling Diodes”, Joint International Meeting 206th Meeting of the Electrochemical Society (ECS) and 2004 Fall meeting of the Electrochemical Society of Japan (ECSJ), Hawaii Materials Masakazu Fukumitsu, Hajime Horie, Naoya Asaoka, Michihiko Suhara, Tsugunori Okumura, ”Characterization of GaInP/GaAs triple barrier resonant tunneling diodes fabricated by fast atom beam etching process”, 2004年9月 Extended abstract of the 2004 International Conference on Solid State Devices and a Naoya Asaoka, Masakazu Fukumitsu, Michihiko Suhara, and Tsugunori Okumura, ”Nonlinear Variable Capacitance Characteristics in GaInP/GaAs Triple Barrier Resonant Tunneling Diodes”, 2004年9月 The 31st international Symposium on Compound Semiconductors (ISCS-2004)
受 賞
主な学会活動 応用物理学会,電子情報通信学会,IEEE
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 電気数学
  • 電気電子材料
  • 電気電子解析論
  • 電気通信数学Ⅱ
  • 電気電子材料
  • 情報通信応用数学
  • 機能電子材料工学特論
  • エネルギー情報システム特別講義
オフィスアワー
研究室 9号館434号室
内線番号 4444
メールアドレス メールアドレス
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等 http://www.eee.tmu.ac.jp/index.php