北薗 幸一
氏名 北薗 幸一キタゾノ コウイチ / KITAZONO Koichi
職位 教授
所属 航空宇宙システム工学科
航空宇宙システム工学域
2017年度以前の所属
航空宇宙システム工学コース
航空宇宙システム工学域
年報 2020201920182017201620152014201320122011201020092008200720062005
研究紹介
材料イメージ

チタン、アルミニウム、マグネシウム等、航空宇宙分野で使用される軽金属材料の強度、延性向上に関する研究を行っています。また金属材料を発泡させることによる超軽量のポーラス金属の開発など、新材料の創製にも取り組んでいます。

専門・研究分野 材料工学、金属工学、航空宇宙工学
最終学歴・学位 東京大学大学院工学系研究科材料学専攻博士課程修了 博士(工学)(1999年)
研究テーマ 宇宙機用衝撃吸収材料としてのポーラス金属を開発している。3D-CADデータから3D積層造形により材料を作製している。
研究キーワード ポーラス金属、軽金属、クリープ、超塑性
研究業績・著書・論文、その他それに準じる業績 K. Kitazono, R. Tada, Y. Sugiyama, T. Miura: Impact Energy Absorbing System for Space Lander Using Hemispherical Open-Cell Porous Aluminum, Mater. Sci. Forum 933, (2018) 337-341.

北薗幸一: ポーラスアルミニウムを用いた衝撃吸収機構の設計, 軽金属 67, (2017) 559-563.

X. Yue, K. Matsuo, K. Kitazono: Compressive Behavior of Open-Cell Titanium Foams with Different Unit Cell Geometries, Mater. Trans. 58, (2017) 1587-1592.

N. Kitazono, D. Suzuki, R. Yamaguchi, K. Mitsuishi, K. Kitazono: Microstructural evolution through uniaxial hot pressing before age hardening of AZ91D alloy, Mater. Trans. 57, (2016) 1094-1100.

K. Kitazono, S. Komatsu, Y. Kataoka: Mechanical Properties of Titanium Particles Dispersed Magnesium Matrix Composite Produced through Accumulative Diffusion Bonding Process, Mater. Trans. 52, (2011) 155-158.
受 賞 2001年日本金属学会奨励賞
主な学会活動 一般社団法人軽金属学会 理事
一般社団法人軽金属学会 編集委員長
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 材料強度学
  • 航空宇宙工学概論1
  • 航空宇宙工学概論2
  • 航空宇宙材料学
  • 材料強度学
  • 材料組織学
  • 航空宇宙システム工学特別研究1
  • 航空宇宙システム工学特別研究2
  • 材料組織学
  • 航空宇宙工学概論
  • 航空宇宙材料学
  • 航空宇宙システム工学特別研究1
  • 航空宇宙システム工学特別研究2
  • 航空宇宙材料・構造工学特別講義
  • 航空宇宙材料・構造工学特別講義
オフィスアワー メールで予約してください。
研究室 1号館233号室
内線番号 8679
メールアドレス メールアドレス
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等 https://aeroastro.sd.tmu.ac.jp/materials/