向井 智彦
氏名 向井 智彦ムカイ トモヒコ / MUKAI Tomohiko
職位 准教授
所属 インダストリアルアート学科
インダストリアルアート学域
年報 20222021202020192018
研究紹介
研究イメージ

コンピュータグラフィックス技術、特に数理最適化や機械学習を用いたCGアニメーション制作やリギング技法についての研究

専門・研究分野 コンピュータグラフィックス、コンピュテーショナルデザイン
最終学歴・学位 豊橋技術科学大学大学院電子・情報工学専攻博士後期課程・博士(工学)
研究テーマ キャラクタアニメーション制作技術、データ駆動型キャラクタリギング、モーションキャプチャデータの統計分析に基づく編集技術
研究キーワード コンピュータグラフィックス、アニメーション
研究業績・著書・論文、その他それに準じる業績 ・三谷 純 (編), 高山 健志, 土橋 宜典, 向井 智彦, 藤澤 誠, 3DCGの数理と応用, コロナ社, 2023.6.
・向井 智彦, 川地 克明, 三宅 陽一郎, キャラクタアニメーションの数理とシステム, コロナ社, 2020.8.
・Tomohiko Mukai, Example-Based Skinning Animation, Handbook of Human Motion, Springer International Publishing, 2016.12.
・向井智彦, スキニング分解, Computer Graphics Gems JP 2015: 7, 2015.9.
・向井智彦, パラメトリックポーズブレンド, Computer Graphics Gems JP 2013/2014: 8, 2013.8.
・向井智彦, インバースキネマティクス, Computer Graphics Gems JP 2012: 8, 2012.8.
・Wataru Umezawa and Tomohiko Mukai, Procedural Modeling of Artificially Cultivated Shrub Roses, The Visual Computer, 2023.
・Chizu Nishimori and Tomohiko Mukai, On-the-fly Editing of Emoji Elements for Mobile Messaging, UIST ’23 Adjunct: Adjunct Proceedings of the 36th Annual ACM Symposium on User Interface Software and Technology, Article No. 29, pp. 1–2, 2023..
・Takashi Horiuchi, Ziyuan Cao, Yuto Kominami, Wataru Umezawa, Yuhao Dou, Daichi Ando, and Tomohiko Mukai, Artist-directed Modeling of Competitively Growing Corals, ACM SIGGRAPH ASIA 2022 Posters, pp. 24:1-24:2, 2022.12.
・Wataru Umezawa, Tomohiko Mukai, Artificial Pruning-Aware Procedural Modeling of Shrub Roses, International Conference on Cyberworlds 2022, pp.31-38, 2022.9.
・Yuto Kominami, Tomohiko Mukai, Realtime Texture Upsampling on Graphics Hardware Using Fractal Coding, International Conference on Cyberworlds 2022, pp.39-46, 2022.9.
・Shigeru Kuriyama, Tomohiko Mukai, Takafumi Taketomi, and Tomoyuki Mukasa, Context-based Style Transfer of Tokenized Gestures, Computer Graphics Forum, vol. 41, issue. 8, pp. 305–315, 2022.9.
・Tomohiko Mukai, Transformation Constraints Using Approximate Spherical Regression, Journal of Computer Graphics Techniques (JCGT), vol. 11, no. 3, pp.1-21, 2022.7.
・Fumiya Naria, Tomohiko Mukai, Locality-Aware Skinning Decomposition Using Model-Dependent Mesh Clustering, Advances in Computer Graphics (CGI 2020), pp.46-58, 2020.10.
・Tomohiko Mukai, Shigeru Kuriyama, Masaki Oshita, Motion Adaptation with Cascaded Inequality Tasks, ACM SIGGRAPH Conference on Motion, Interaction and Games 2019, pp.30:1-30:10, 2019.10.
・Tomohiko Mukai, Sampling-based Rig Conversion into Non-rigid Helper Bones, Proceedings of the ACM on Computer Graphics and Interactive Techniques, 2018.5 .
・Tomohiko Mukai and Shigeru Kuriyama, Efficient Dynamic Skinning with Low-Rank Helper Bone Controllers, ACM Transactions on Graphics, Vol. 35, Issue. 4, Article 36, 2016.7.
受 賞 情報処理学会論文賞、情報処理学会論文誌ジャーナル特選論文、情報処理学会山下記念研究賞、CG国際大賞優秀賞、船井ベストペーパー賞
主な学会活動 ACM、IEEE、情報処理学会
社会等との関わり
個人のURL https://mukai-lab.org/member/mukai/
担当科目
  • プログラミング基礎
  • ゲームプログラミング演習Ⅰ
  • ゲームプログラミング実習Ⅰ
  • ゲームプログラミング演習Ⅱ
  • ゲームプログラミング実習Ⅱ
  • プログラミング基礎
  • ゲームプログラミング演習A
  • ゲームプログラミング実習A
  • ゲームプログラミング演習B
  • ゲームプログラミング実習B
  • ソフトウェアデザイン特論
  • メディア創生特別講義
  • メディア創生特別講義
  • デザインマネージメント概論
オフィスアワー メールにてアポイントをとってください
研究室 日野キャンパス1号館247室
内線番号
メールアドレス メールアドレス
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等 https://mukai-lab.org/