柴田 泰邦
氏名 柴田 泰邦シバタ ヤスクニ / SHIBATA Yasukuni
職位 准教授
所属 電子情報システム工学科
電子情報システム工学域
2017年度以前の所属
情報通信システムコース
情報通信システム学域
年報 2017201620152014201320122011201020092008200720062005
研究紹介
光通信機器を用いた風速測定用レーザー光源
光通信機器を用いた
風速測定用レーザー光源

地球・都市環境問題に役立つリモートセンシングシステム(光計測、非接触可視化など)の研究を行っています。 光通信で利用されている装置を応用し、大気の風向風速を測定するシステムの開発や、大気汚染物質モニタリング用のレーザー光源・微弱光受信システムの開発、計測データの高度信号処理法に関する研究など。

専門・研究分野 レーザ工学、光リモートセンシング、環境計測
最終学歴・学位 東京都立大学大学院工学研究科電気工学専攻修士課程修了・博士(工学)
研究テーマ 地球・都市環境問題に役立つリモートセンシングシステム(光計測、非接触可視化など)に関する研究
研究キーワード リモートセンシング、ライダー、環境計測、非接触可視化、レーザ工学
研究業績・著書・論文、その他それに準じる業績 【最近の論文】
・屋内空間中のNO₂検知用LEDガスセンサの開発, レーザー研究, 48.11,609-613, 2020.
・Development of Direct-Detection Doppler Wind Lidar for Vertical Atmospheric Motion, EPJ Web of Conferences. Vol. 237. EDP Sciences, 06006, 2020.
・Diurnal Variations of CO 2 Mixing Ratio in the Lower Atmosphere by Three Wavelength DIAL, EPJ Web of Conferences. Vol. 237. EDP Sciences, 03011, 2020.
・Observations of The Lower-Tropospheric Temperature Profiles Using Three Wavelength CO 2-DIAL, EPJ Web of Conferences. Vol. 237. EDP Sciences, 03021, 2020.
・Comparison of CO2 Vertical Profiles in the Lower Troposphere between 1.6 µm Differential Absorption Lidar and Aircraft Measurements Over Tsukuba. Sensors, 18(11), 4064、2018.
・Characteristics of Volcanic Stratospheric Aerosol Layer Observed by CALIOP and Ground Based Lidar at Equatorial Atmosphere Radar Site, EPJ Web of Conferences. Vol. 176. EDP Sciences, 04003, 2018.
・Development of 1.6μm DIAL using an OPG/OPA transmitter for measuring atmospheric CO2 concentration profiles, Appl. Opt. , Vol.56 pp.1194-1201, 2017.
・Measurement of Lower-Atmospheric CO2 Concentration Distribution Using a Compact 1.6μm DIAL, Y. Shibata, C. Nagasawa, M. Abo, In EPJ Web of Conferences, Vol. 119, 03003, 2016.
・Lidar Observation of the 2014 Kelut Volcanic Stratospheric Aerosols at Kototabang, Indonesia, M. Abo, Y. Shibata, C. Nagasawa, In EPJ Web of Conferences, Vol. 119, 07005, 2016.
・High Spectral Resolution Lidar Based on a Potassium Faraday Dispersive Filter for Daytime Temperature Measurement, M. Abo, P. P. Le Hoai, K. Aruga, C. Nagasawa, Y. Shibata, In EPJ Web of Conferences, Vol. 119, 17007, 2016.
・A direct detection 1.6μm DIAL with three wavelengths for high accuracy measurements of vertical CO2 concentration and temperature profiles , Proc. SPIE 8894, Lidar Technologies, Techniques, and Measurements for Atmospheric Remote Sensing IX, 889406; doi: 10.1117/12.2029359, 2013.
・First simultaneous measurement of vertical air velocity, particle fall velocity, and hydrometeor sphericity in stratiform precipitation: Results from 47 MHz wind-profiling radar and 532 nm polarization lidar observations, Radio Sci., 47, RS3002, doi:10.1029/2011RS004823, 2012.
・Direct detection 1.6μm DIAL for measurements of CO2 concentration profiles in the troposphere, SPIE Proceedings Vol. 8182, DOI: 10.1117/12.898794, 2011.
・1.5 μm ファイバブラッググレーティングフィルターを用いた小型インコヒーレントドップラーライダーの開発、レーザー研究、Vol.39, No.8, pp622-626, 2011.
・大気中のCO2濃度観測用DIALの開発、計測と制御、Vol.50, No.8, pp883-887, 2011.
・Low-Altitude Wind Measurement Using Incoherent Doppler Lidar by Utilizing Both Absorption Slopes of the Iodine Absorption Spectrum, Jpn. J. Appl. Phys., 48, 126501, 2009.
・System evaluation of an incoherent wind Doppler lidar using an iodine filter, Jpn. J. Appl. Phys., 48, 032401, 2009
・Development of a 1.6 μm Differential Absorption Lidar with a quasi phase matching OPO and photon-counting detector for the vertical CO2 profile, Appl. Opt., 48, 748, 2009.
・Measurement of Pressure-Induced Broadening and Shift Coefficients of Carbon Dioxide Absorption Lines around 1.6 μm for using Differential Absorption Lidar, Jpn. J. Appl. Phys. Vol.47 No.1, 2008.
・Stimulated Raman Scattering Laser Oscillation around 1.6 μm Carbon Dioxide Absorption Line, Jpn. J. Appl. Phys, Vol. 47, No. 3, 2008.
・Development of the 1.6 μm carbon dioxide DIAL for tropospheric CO2 study, Proceedings of SPIE Europe, Vol. 6750 No. 51, 2007.
・Lidar observations of Fe and Na layers in the mesopause region over equator,J. Meteor. Soc. Japan, Vol. 84A, pp.317 - 325,2006.
・赤道域に設置した多目的ライダーシステム,日本リモートセンシング学会誌,Vol.26, No.1, pp.45 - 51,2006.

【解説記事】
・差分吸収ライダーによる大気中微量ガス分布計測, 計測と制御, 59.5, 341-345, 2020.

【招待講演】
・Passive and Active Remote Sensing of Greenhouse Gases in the GOSAT Project, I. Morino, M. Inoue, Y. Yoshida, N. Kikuchi, T. Yokota, T. Matsunaga, O. Uchino, T. Tanaka, D. Sakaizawa, S. Kawakami, S. Ishii, K. Mizutani, Y. Shibata, M. Abo, C. Nagasawa, 2014 AGU Fall Meeting, No.A42B-06, 2014.
・Direct Detection 1.6μm DIAL / Doppler Lidar for Measurements of CO2 Concentration and Wind Profiles, 2013 AGU Fall Meeting, 2013.
・風分布計測のための直接検波小型ドップラーライダーの開発、レーザー学会学術講演会第32回年次大会、2012.
・ライダーに用いる近赤外QPM-OPGレーザー、レーザー学会学術講演会第31回年次大会、2011.
・Lidar System for Observations of Equatorial Lower and Upper Atmosphere, 23rd International Laser Radar Conference,2006.
・Multi-Purpose Lidar System Covering Wide Altitude Range Over Equatorial Region, International Quantumn Electronics Conference 2005 and the Conference on Lasers Electro-Optics in Pacific Rim 2005.
・Preliminary observations of atmospheric temperature structure over the equator by the multi-lidar system, The 11th International Symposium on Equatorial Aeronomy and CAWSES mini-workshop, 2005.
受 賞 2012年 地球電磁気・地球惑星圏学会 フロンティア賞
2008年 応用物理学会 感謝状
主な学会活動 レーザセンシング学会 編集委員会:委員(2020年度~)、副委員長(2021年度)
レーザセンシング学会 大気ライダー研究会:運営委員
計測自動制御学会 リモートセンシング部会:委員(2013年〜)、幹事(2015年、2016年)、副主査(2017年〜2018年)、主査(2019年~)
計測自動制御学会 会誌出版委員会計測部門:委員(2013, 2014, 2020~)、幹事(2013年度)、主査(2014年度)
計測自動制御学会 会誌出版委員会出版WG:委員(2020年度~)、幹事(2020年度)、主査(2021年度)
計測自動制御学会 学会賞委員会:委員(2021年度)
応用物理学会 プログラム編集委員会:委員(2013年年度〜2016年度)
レーザー学会、気象学会、地球電磁気・地球惑星圏学会、日本地球惑星科学連合、American Geophysical Union(AGU)、Optical Society of America (OSA) 各会員
社会等との関わり 衛星搭載ドップラーライダー構想委員会
インドネシアでのライダー研究紹介およびライダー技術指導(LAPAN:インドネシア国立航空宇宙研究所との連携)
個人のURL
担当科目
  • 電気回路演習
  • 光電波伝送工学
  • 光電波伝送工学
  • プログラミング基礎演習Ⅱ(EECS)
  • 回路理論演習
  • 光電波伝送工学
  • 回路理論演習
  • 経営システムデザインプログラミング実習II
  • 光応用計測特論
  • 通信システム特別講義
  • 光エレクトロニクス特論
オフィスアワー
研究室 1号館205号室
内線番号 8455
メールアドレス メールアドレス
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等 http://www.comp.tmu.ac.jp/lidar/labo/