学部案内 教員一覧

マネジメント工学

開沼 泰隆
氏名 開沼 泰隆カイヌマ ヤスタカ / KAINUMA Yasutaka
職位 教授
研究テーマ オペレーションズ・マネジメント,サプライ・チェーン・マネジメント,クローズド・ループ・サプライ・チェーン,リマニュファクチュアリング,グローバル・サプライ・チェーン・ネットワーク,災害救援ロジスティクス,サービス・オペレーションズ・マネジメント,統計・データ解析
Operations Management, Supply Chain Management, Closed-Loop Supply Chain, Remanufacturing,
Humanitarian Supply Chain, Disaster Relief Supply Chain, Supply Chain Risk Management,
Global Supply Chain Network
研究紹介

これまでの大量消費・大量廃棄の社会から循環型社会に移行するために、生産活動を行う組織は、原材料の調達、製品の生産、製品の物流、廃棄品の回収/リユース・リサイクルに至るプロセスを対象にして環境負荷を低減するよう効率化を図らなくてはなりません。このプロセスをサプライ・チェーン(SC)として捉え、SCにおける戦略やマネジメントを対象として、管理技術や意思決定方法などについての研究を行っています。

梶原 康博
氏名 梶原 康博カジハラ ヤスヒロ / KAJIHARA Yasuhiro
職位 教授
研究テーマ 生産システムの設計・管理、生産技術全般、ロボット・画像処理・シーケンス制御・各種センサーなどを用いた作業の分析、効率化、自動化などに関する研究
研究紹介

生産システムの設計・管理,ロボット・画像処理を用いた作業の自動化,人工現実感を用いた工程設計,製造企業における中高齢者活用支援技術,大規模プラントにおける防災活動(作業)支援装置などに関する研究。

増田 士朗
氏名 増田 士朗マスダ シロウ / MASUDA Shiro
職位 教授
研究テーマ 分散評価に基づくデータ駆動型制御系設計
非線形最適化手法に基づくPID制御系設計
経済性能評価に基づくMPC/LQG制御系設計
研究紹介

ダイナミック(動的)に変化する経営環境や操業条件に最適に適応する経営・生産システムの実現を目指して、経営工学に関連する様々なシステムをいかにモデル化し、いかに最適にかつ知的に制御するかについて研究しています。

山本 久志
氏名 山本 久志ヤマモト ヒサシ / YAMAMOTO Hisashi
職位 教授
研究テーマ システム信頼性評価、マーケットデータ解析
研究紹介

大規模・複雑化するシステムの故障をいかにして少なくするかを目指し、どのようにしてシステムを設計するか、設計したシステムをどのようにして評価するか、またシステムが故障したデータを次のシステムにどのようにして反映させるかなどについて研究しています。

肖 霄
氏名 肖 霄シャオ シャオ / Xiao xiao
職位 助教
研究テーマ ソフトウェア信頼性評価,ソフトウェア開発労力予測,最適ネットワーク設計
研究紹介

システム信頼性評価に関する研究


人間工学

瀬尾 明彦
氏名 瀬尾 明彦セオ アキヒコ / SEO Akihiko
職位 教授
研究テーマ 作業負担、作業性筋骨格系障害、作業姿勢の計測と評価
研究紹介

快適な作業環境の構築や操作性の良い機器開発のため、作業や製品使用の際に身体が受ける負担度を生体計測やバイオメカニクスの手法を用いて計測・評価する方法についての研究と、その成果の福祉や産業保健の領域への応用研究をしています。

西内 信之
氏名 西内 信之ニシウチ ノブユキ / NISHIUCHI Nobuyuki
職位 教授
研究テーマ ヒューマンインタフェース、ユーザビリティ、ユーザエクスペリエンスに関する研究。
生体情報を利用したセキュリティシステムの開発に関する研究。
画像処理による三次元動作解析、人間の視線を用いた入出力インタフェースの開発。
画像処理技術を応用したシステム開発に関する研究。
研究紹介

人間と様々な機器の関係をより円滑なものにするために、ヒューマンインタフェースに関する技術が注目されています。工学、物理、社会、情報といった多面的な観点から、最新のコンピュータ技術を利用して、新たなヒューマンインタフェースの研究を行っています。

松井 岳巳
氏名 松井 岳巳マツイ タケミ / MATSUI Takemi
職位 教授
研究テーマ 医療や安全に係わるシステムの研究開発
[1]マイクロ波レーダーを用いた安全運転のための非接触・自律神経活性度モニターシステムの開発 
[2]新型インフルエンザ等・新興感染症の非接触・迅速(5秒間)スクリーニングシステムの開発 
[3]医療従事者の2時汚染を防止するための非接触・バイタルサイン(生命信号)モニター装置の開発
研究紹介

航空機や自動車の事故、病院や工場における事故の多くは、装置とそれを使う人間の 不調和によって生じています。この不調和を取り除いて安全を実現するための装置の研究を工学、医学、心理学の側面から行っています。

福井 隆雄
氏名 福井 隆雄フクイ タカオ / FUKUI Takao
職位 准教授
研究テーマ 到達把持運動の視覚運動変換過程における運動学的検討
意識的気づきと潜在的運動制御の乖離とその結果としての行為知覚
他者動作・他者身体部位(顔・手)の認知メカニズム
研究紹介
image01
日常的動作の1つである,到達把持運動に
関する実験風景.手指先,手首部部分に
貼付した反射マーカの動きを三次元動作
解析装置で記録する.

心理物理実験やモーションキャプチャーシステムを用いた運動学的解析により,ヒトの知覚・行動特性に関する研究を行っている.


社会システム工学

會田 雅樹
氏名 會田 雅樹アイダ マサキ / AIDA Masaki
職位 教授
研究テーマ 複雑システムのネットワーク科学,オンラインソーシャルネットワークのユーザダイナミクス,通信ネットワークの階層型自律分散制御技術.
研究紹介

社会活動の基盤として重要性を増している通信ネットワークを主な研究対象とし、ネットワークトラヒックの振舞いから社会構造の仕組みを解明する研究をしています。また高品質な通信ネットワークをデザインするためのネットワークシステム設計、制御、品質測定技術、性能評価技術、管理技術などについて研究しています。

朝香 卓也
氏名 朝香 卓也アサカ タクヤ / ASAKA Takuya
職位 教授
研究テーマ 情報サービスを享受するユーザ環境に適応したサイバーフィジカルシステム、環境情報を活用した新たな情報サービス技術の研究開発を行っています.情報システムを利用するユーザの置かれた環境、例えば高速移動時や甚大災 害発生時など物理的空間環境に適応した情報システムの構築、あるいはユーザや サービスのコンテキスト情報やビッグデータから得られた様々な環境情報に則した利便性の高い快適なサイバーフィジカルシステム・情報サービスの実現を目指しています.
研究紹介

次世代の環境情報システム技術の要素技術、およびその応用システム技術の確立を目指しています。具体的には、Peer-to-Peerネットワークに代表されるデータセントリックサービス技術、環境情報を自律的に収集・提供するユビキタスサービス技術、物理的なネットワークシステムとその機能をユーザに対して隠蔽するシームレスサービス技術等に関する研究開発を行なっています。

渋谷 正弘
氏名 渋谷 正弘シブヤ マサヒロ / SHIBUYA Masahiro
職位 准教授
研究テーマ 職務再設計に関する研究
研究紹介

作業者を含めた生産技術の視覚化、企業における意志決定のための情報の収集技術と企業情報の視覚化、及び、個人の知的生産性を支援するため支援方法について研究をおこなってます。

塚常 健太
氏名 塚常 健太ツカツネ ケンタ / TSUKATSUNE Kenta
職位 助教
研究テーマ これまで、社会科学領域で発達したデータ分析手法を用いて、人間の行動と心理の研究を進めてきました。近年は特にSNSユーザの行動と心理の類型化、およびその類型が決まる要因の特定に注力しています。 また、人名・地名などの名前(固有名詞)が持つ情報特性と社会的機能をそれぞれ明らかにする研究にも取り組んでいます。
研究紹介

これまで、社会科学領域で発達したデータ分析手法を用いて、人間の行動と心理の研究を進めてきました。近年は特にSNSユーザの行動と心理の類型化、およびその類型が決まる要因の特定に注力しています。 また、人名・地名などの名前(固有名詞)が持つ情報特性と社会的機能をそれぞれ明らかにする研究にも取り組んでいます。