ここからページコンテンツが開始します

大学院案内

機械システム工学域 教員一覧

知能機械領域

小口 俊樹氏 名 小口 俊樹 (オグチ トシキ / OGUCHI Toshiki) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ非線形制御理論を中心とした制御理論とその応用に関する研究.
1)むだ時間非線形システムの制御系設計, 2)ネットワーク制御系, 3)遅延結合を用いたカオス同期及び先行同期の理論解析とその制御工学への応用, 4)非線形性を有する機械システムに対する制御手法の開発とその実験による検証
研究紹介
研究イメージ

非線形性やむだ時間を持つシステムの制御、多数のシステムが結合されたネットワークの同期や協調制御などの理論とその応用の研究

久保田 直行氏 名 久保田 直行 (クボタ ナオユキ / KUBOTA Naoyuki) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ人間に優しいパートナーロボット、計算知能に基づく構造化学習など
研究紹介
研究イメージ

人に優しいパートナーロボットの研究開発を行うとともに、知的制御、行動学習、人間とのコミュニケーションに関する研究を行っています。

児島 晃氏 名 児島 晃 (コジマ アキラ / KOJIMA Akira) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマシステム制御工学,制御系設計
研究紹介
倒立振子
倒立振子

ロバスト制御、予測制御法の開発、機械システムなど制約を有する対象に対する制御法の開発とその応用に関する研究。

下村 芳樹氏 名 下村 芳樹 (シモムラ ヨシキ / SHIMOMURA Yoshiki) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマサービス工学、Product-Service System、設計工学、ライフサイクル工学、知識工学
研究紹介
研究イメージ

サービス工学、設計学、環境調和型設計、知識工学、やわらかい機械

内容: 製造業によるサービスがもたらす価値や満足を高め、またその供給コストを下げるための工学的手法を与えるための「サービス工学」の提案、サービスCADの開発、またそのための知識処理システムに関する研究を行っています。  

増田 士朗氏 名 増田 士朗 (マスダ シロウ / MASUDA Shiro) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ分散評価に基づくデータ駆動型制御系設計
非線形最適化手法に基づくPID制御系設計
経済性能評価に基づくMPC/LQG制御系設計
研究紹介

ダイナミック(動的)に変化する経営環境や操業条件に最適に適応する経営・生産システムの実現を目指して、経営工学に関連する様々なシステムをいかにモデル化し、いかに最適にかつ知的に制御するかについて研究しています。

吉村 卓也氏 名 吉村 卓也 (ヨシムラ タクヤ / YOSHIMURA Takuya) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ構造物の振動特性のモデル化.振動特性を考慮した構造の最適化.振動・騒音の現象解析.振動-音響連成解析.機械の低振動化低騒音化.人体動特性のモデル化.全身振動の人体影響評価
研究紹介
研究イメージ

機械の振動騒音及び人体振動に関する研究。軽量化と静粛化を両立させる構造設計法やそのための実験技術、人体振動のモデル化等

武居 直行氏 名 武居 直行 (タケスエ ナオユキ / TAKESUE Naoyuki) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ人間支援ロボティクス、触覚テクノロジー、柔軟メカトロニクス、水中ロボティクス
研究紹介

工場などで重量物の搬送や組立を手助けするパワーアシストロボットシステム、熟練技能者による触作業の計測・解析技術および自動化技術、生体などの柔軟物シミュレーションや水中駆動柔軟ロボットシステムなどの研究開発を行っています。  

長井 超慧氏 名 長井 超慧 (ナガイ ユキエ / NAGAI Yukie) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ形状モデリングの応用および基礎研究、コンピュータグラフィックスの産業応用と基礎研究、計算幾何学
研究紹介

デジタルエンジニアリング技術により、主に現物(実際に存在する物体)の形状スキャンデータ処理の研究・技術開発を通じて、ものづくりに貢献することを目指します。

本田 智氏 名 本田 智 (ホンダ サトシ / HONDA Satoshi) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーママイクロマシン(MEMS), 超精密機械, CAD/CAM/CAE, 自動組立, ロボット, 生産自動化
研究紹介
研究イメージ  研究イメージ

超極細ワイヤを用いたマイクロねじ・マイクロナット・マイクロ歯車・マイクロタービンの研究、ワイヤけん引式球面モータの研究

和田 一義氏 名 和田 一義 (ワダ カズヨシ / WADA Kazuyoshi) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマサービスロボットの研究開発
動物型ロボットによる心のケア(ロボット・セラピー)
小売店舗の各種業務自動化
開発した機器の生理心理的評価
研究紹介

 医療・福祉に関するロボット工学。ロボット・セラピー、心理生理情報計測評価。  

玉置 元氏 名 玉置 元 (タマオキ ゲン / TAMAOKI Gen) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ人体振動,全身振動に暴露する人体のダイナミクスとモデリング,全身振動の人体影響評価,振動特性と感覚の関係,脊椎負荷評価用人体振動ダミー作成
研究紹介

全身振動に暴露する人体のダイナミクスとモデリング

豊田 充氏 名 豊田 充 (トヨダ ミツル / TOYODA Mitsuru) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ制御工学、動的システムの最適制御と機械的システムへの応用

機械創成領域

筧 幸次氏 名 筧 幸次 (カケヒ コウジ / KAKEHI Koji) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ航空機エンジン用先進耐熱合金の信頼性と加工.航空機エンジンのタービン動翼は,1500℃を超える燃焼ガスを受けて高速で回転する.こうした過酷な環境下で使われるタービン動翼およびタービンディスクにはNi基超合金が使用されている.このNi基耐熱合金の高温強度特性評価に関する研究を行った.さらに,3D積層造形耐熱合金と信頼性の評価に関する研究も行った.
研究紹介
研究イメージ

金属3Dプリンティングおよび航空機エンジン用耐熱合金に関する材料組織学的観点からの研究。

小林 訓史氏 名 小林 訓史 (コバヤシ サトシ / KOBAYASHI Satoshi) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ繊維強化複合材料の長期耐久性評価,生体吸収性プラスチックを用いた骨接合材料の最適設計,生体活性セラミックスの微視的破壊過程の評価・高圧圧力容器の最適設計・低環境負荷複合材料の開発
研究紹介
研究イメージ

炭素繊維強化プラスチックス(CFRP)をはじめとする先進複合材料の成型加工や破損解析、生体材料の開発などを行っています。

諸貫 信行氏 名 諸貫 信行 (モロヌキ ノブユキ / MORONUKI Nobuyuki) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ・表面微細形状(テクスチャ)による機能表面の発現
・摩擦,濡れ,光学特性の制御とその応用
・微細加工
・マイクロメカニズムに関する研究
研究紹介
諸貫研究イメージ

微細加工技術と機能表面に関する研究。例えば滑りにくい床、濡れやすい表面、光を反射しない表面など。

楊 明氏 名 楊 明 (ヤン ミン / YANG Ming) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ1) 薄膜機械特性の計測評価
2) マイクロ電子機械(MEMS)機能性デバイスの創製
3) Bio-MEMS技術を利用した生化学分析
4) マイクロ金属成形
5) 金属板材成形加工の知的センシング制御
研究紹介

マイクロデバイスの製造・評価、MEMS生化学応用計測、マイクロ金属成形超精密な微小機械を創り、バイオや医療分野へ応用する新しいものづくり

小方 聡氏 名 小方 聡 (オガタ サトシ / OGATA Satoshi) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーママイクロ・ナノ流体流動,壁面微細構造による層流抵抗減少,添加剤による乱流抵抗減少及び伝熱効率向上,ファインバブル水の流動特性,プラズマアクチュエータ
研究紹介
研究イメージ

流れの抵抗低減、非ニュートン流体、プラズマアクチュエータ、マイクロバブル、動植物の機能を用いた流体制御

金子 新氏 名 金子 新 (カネコ アラタ / KANEKO Arata) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマトランスファプリントを応用した微細構造作製とMEMS応用
微細構造による細胞の接着・成長の制御
導電性ポリマーを用いたマイクロアクチュエータ作製
表面力評価手法の開発
研究紹介
親水部上に自己整列した球状微粒子
親水部上に自己整列
した球状微粒子
微細構造上で形成された矩形状の液滴
微細構造上で形成
された矩形状の液滴

自己組織化を利用した新しい微細構造作製技術に関する研究。主に、パターン基板を利用したマイクロ・ナノ粒子の自己整列と、粒子列のセンサー等のマイクロデバイスへの応用を試みている。

清水 徹英氏 名 清水 徹英 (シミズ テツヒデ / SHIMIZU Tetsuhide) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ(1)先進プラズマ計測に基づいた次世代イオン化物理蒸着プロセス開発と高機能薄膜材料の膜質制御
(2)金属プレス加工の無潤滑化に向けた金型表面テクスチャの幾何構造設計
研究紹介

トライボロジーおよび表面改質技術分野。あらゆる工業製品が有する「表面」を材料および形状の観点から改質することで、より良いトライボロジー特性や表面機能を発現する研究に取り組んでいます。

菅原 宏治氏 名 菅原 宏治 (スガワラ ヒロハル / SUGAWARA Hiroharu) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ新規電子機能材料の創生と評価。半導体量子構造・シリサイド系半導体の物性探索と評価技術。光物性。熱電変換。
研究紹介
エキシマレーザを用いた新物質創生
エキシマレーザを
用いた新物質創生 
電子線を用いた微細加工装置
電子線を用いた
微細加工装置

ナノテクノロジーの視点からのエレクトロニクスの開拓。シリコンを母体とした光電子システムの実現に向けた材料・プロセス・デバイスの研究。

髙橋 智氏 名 髙橋 智 (タカハシ サトル / TAKAHASHI Satoru) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ遮熱コーティングの熱的・機械的特性評価試験方法の開発及びこれら試験方法の国際標準化、溶射皮膜の微構造解析と特性評価,超音波振動による金属箔接合技術の開発,カーボン複合材料のトライボロジー
研究紹介
研究イメージ

遮熱コーティングの特性評価試験方法の開発と国際標準化、機能性カーボン材料のトライボロジー、超音波金属接合技術の開発など


生体機械領域

瀬尾 明彦氏 名 瀬尾 明彦 (セオ アキヒコ / SEO Akihiko) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ作業負担、作業性筋骨格系障害、作業姿勢の計測と評価
研究紹介

快適な作業環境の構築や操作性の良い機器開発のため、作業や製品使用の際に身体が受ける負担度を生体計測やバイオメカニクスの手法を用いて計測・評価する方法についての研究と、その成果の福祉や産業保健の領域への応用研究をしています。

長谷 和徳氏 名 長谷 和徳 (ハセ カズノリ / HASE Kazunori) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ人間の身体運動の生体力学分析と,高齢者などの体力弱者の身体動作を支援するための工学技術の研究開発を行っています.
研究テーマ例:
・筋骨格系の力学特性を数理モデル化したデジタルヒューマン
・歩行支援のための健康福祉用具の開発と評価
・下肢運動のトレーニング評価システム,など.
研究紹介
研究イメージ

歩行などの身体運動の生体力学分析と、高齢者・股体不自由者などの身体動作を支援するための工学技術の開発を行っています。

藤江 裕道氏 名 藤江 裕道 (フジエ ヒロミチ / FUJIE Hiromichi) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマ関節バイオメカニクス(生体関節・人工関節)
バイオトライボロジー
幹細胞による組織再生工学
ナノ・マイクロバイオメカニクス
研究紹介
ヒト滑膜由来幹細胞が生成した細胞外マトリックスに動的引張応力(5-10kPa)を与えて創成した靭帯様組織

国内外の臨床医とバイオメカニクスに関する共同研究を行っています。ロボット工学を用いた特殊な方法により、生体組織の力学機能や外科手術の最適条件を求 めています。また、iPS細胞などの幹細胞の培養にマイクロ加工技術や荷重下培養技術を導入し、組織再生材料の創成を行っています。医工学におけるブレー クスルーと人類のQOL向上を目指します。

若山 修一氏 名 若山 修一 (ワカヤマ シュウイチ / WAKAYAMA Shuichi) 【詳細ページ】
職 位教授
研究テーマバイオセラミックスの長期信頼性に関する研究、生体材料の力学的生体適合性に関する研究、高温構造用セラミックスの熱衝撃破壊に関する研究、超軽量圧力容器の強度評価に関する研究、高エネルギーイオン注入による材料の表面改質
研究紹介
研究イメージ

骨・腱などのミクロ損傷を検出し力学特性を評価しています。フレキシブル薄膜太陽電池やセラミックスの信頼性も研究しています。

伊井 仁志氏 名 伊井 仁志 (イイ サトシ / II satoshi) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ複雑連成する生体内現象(血栓・肺音・脳循環)
生体現象のデータ同化アプローチ
数値計算手法(高次精度離散化・界面捕獲・流体構造連成)
研究紹介
研究イメージ

データ同化物理シミュレーションによる複雑連成生体現象の解明

小原 弘道氏 名 小原 弘道 (オバラ ヒロミチ / OBARA Hiromichi) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ臓器の知恵を工学に工学の知恵を臓器に
◎医用工学,移植工学(移植医療拡大のための臓器灌流法の開発,細胞移植の高度化,臓器シミュレーション)
◎ものづくり:粒子分散系流動工学応用(カーボンナノチューブ制御,ナノダイヤモンド制御,細胞制御操作)
◎臓器工学によるエネルギー:流動現象の活用.新デバイス開発,流動場,電場利用
◎臓器工学による水,食糧問題の解決
研究紹介
研究イメージ

流れで工学と医療と社会をつなぐ臓器工学の視点から臓器に学び、はぐくみ、活用するための研究に取り組んでいます。

角田 直人氏 名 角田 直人 (カクタ ナオト / KAKUTA Naoto) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ近赤外分光技術を応用した微量水溶液の反応拡散現象のイメージング,液液界面での化学反応時の不安定現象の可視化と分析,誘導加熱された微小磁性体の発熱特性と熱輸送現象の解明,グローコロナと物質の相互作用の調査と応用
研究紹介
研究イメージ

光を用いた温度と物質濃度のイメージング、磁性粒子の誘導加熱、マイクロプラズマ応用などを研究しています。

坂元 尚哉氏 名 坂元 尚哉 (サカモト ナオヤ / SAKAMOTO Naoya) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマ力学環境に対する細胞応答,細胞の力学応答メカニズム,血管疾患,細胞核メカノバイオロジー
研究紹介
細胞培養作業の様子と線維芽細胞の蛍光顕微鏡画像
細胞培養作業の様子と線維芽細胞の蛍光顕微鏡画像

生物学的な手法に力学的観点や工学的技術を組み合わせ、新たな生体機能・構造制御メカニズム解明を目指しています。

三好 洋美氏 名 三好 洋美 (ミヨシ ヒロミ / MIYOSHI Hiromi) 【詳細ページ】
職 位准教授
研究テーマメカノバイオロジー研究に基づく生体材料の設計
研究紹介
image01
微細凹凸を付与した表面上で
培養した細胞の顕微鏡写真

細胞のメカノバイオロジー研究に基づき、生体に優しいバイオマテリアルのデザインを確立することを目指しています。

林 祐一郎氏 名 林 祐一郎 (ハヤシ ユウイチロウ / HAYASHI Yuichiro) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ・日常環境におけるヒト・機械協調系の統合的な生体運動解析と動力学的応用設計論の提案

・義足およびセンサデバイスにおける生体力学的根拠に基づく構造の多目的最適化
研究紹介

生体動力学(歩行などの運動の計測・解析)、多目的構造最適設計

村上 和彦氏 名 村上 和彦 (ムラカミ カズヒコ / MURAKAMI Kazuhiko) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマバイオマスのガス化、吸収冷凍機作動流体の熱物性
研究紹介

バイオマスのガス化、吸収冷凍機作動流体の熱物性

鎗光 清道氏 名 鎗光 清道 (ヤリミツ セイドウ / YARIMITSU Seidou) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ関節軟骨のバイオトライボロジー,バイオメカニクス
人工関節軟骨の開発・評価
人工関節の摩擦・摩耗
研究紹介

人工関節・人工軟骨および生体関節の潤滑現象に関する研究

吉田 真氏 名 吉田 真 (ヨシダ マコト / YOSHIDA Makoto) 【詳細ページ】
職 位助教
研究テーマ生物工学
研究紹介

微生物の工学的応用、バイオメカニクス


連携大学院教員